HBOドラマ『ウォッチメン』日本語予告編公開 - 2020年1月31日よりスターチャンネル独占日本初放送

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

大人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のHBOが製作したドラマ『ウォッチメン』の放送日が2020年1月31日(金)11:00よりBS10スターチャンネル独占日本初放送が決定!同時に日本版予告編が公開!

さらに日本初となる予告映像も解禁となり、放送までの期待が高まっています!

ドラマ『ウォッチメン』はスーパーヒーローが存在するもうひとつの現代のアメリカを舞台に、様々なヒーローや悪役たちが登場、その苦悩と戦いなど映画級と言える大迫力のアクションで展開されるSFアクションドラマ。

主演は『ビール・ストリートの恋人たち』のレジーナ・キング。『運命の逆転』のジェレミー・アイアンズ、『愛と青春の旅立ち』のルイス・ゴセット・Jr。TVシリーズ『特捜刑事マイアミ・バイス』『刑事ナッシュ・ブリッジス』のドン・ジョンソンなど豪華キャストが出演。

今回解禁された予告映像では、「消滅したはずの彼らは、冬眠していた」という意味深なセリフから始まる。そして黒いマスクのヒーローらしき女性の姿、黄色いマスクの警察部隊を統べる赤いマスクの大柄な男、そして表情の全く読めない銀色のマスクを被った謎の男など、不気味なBGMの中、気になる登場人物の姿が映し出される。

そして「新たな戦いが始まる」というセリフと共に、爆発や銃撃戦など映画にも劣らない戦闘シーンが展開される。最後には人気キャラクター“ロールシャッハ”のマスクを被った男たちがなぜかたくさん集まっており「チクタクチクタク・・・」と時計の秒針を刻む音で終わる。

ウォッチメンの“WATCH”は英語で「監視」と「時計」のダブルミーニングとなっているため、この謎集団の正体とそれぞれのヒーローの動向が気になる映像となっている。

ウォッチメンと言えば2009年公開された映画の方も記憶にある方がいらっしゃるでしょう。監督には『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』でメガホンをとったザック・スナイダー、出演にはマリン・アッカーマンやビリー・クラダップ、マシュー・グッドなどが出演。日本でも一部のファンに熱狂的な支持がるほど人気の作品です。

そんな映画版のリメイクともいえるようなドラマ『ウォッチメン』はどのような展開になっていくのか?

日本ではBS10スターチャンネルにて2020年1月31日(金)より日本独占放送予定です。

©2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

関連記事を読む

コメントをする