ヘイデン・クリステンセン、役作りのために増量したと語る-「再びダース・ベイダーになる必要があった」

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」にて配信中のスター・ウォーズ新作ドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』、もう一人の主役とも言えるダース・ベイダーを演じるヘイデン・クリステンセンがインタビューに答え、ダース・ベイダーを演じるにあたって行った体作りを語った。

海外の記事によるとヘイデン・クリステンセンがインタビューに答え、今回ダース・ベイダーを演じるにあたって「肉体的にも再びダース・ベイダーになる必要があった」とし、体重を増やしたと語った。

「もう一度、肉体的にダース・ベイダーになる必要があったんだ。できるだけ多くのカロリーを摂取した。ダース・ベイダーのスーツを埋めるために25~30ポンド太ったよ。」

大きなダース・ベイダーを演じるために、増量を行ったという。しかし、長くは続かなかったようだ。

「”親父体型 “は避けたいし、終わった後もベイダー体型を維持しようとしたんだ。でも、正直なところ、ほとんど以前の食生活に戻っただけなんだ。その後、ちょっと萎えたよ。」

アーマーの下で本人の姿はなかなか確認できないヘイデン・クリステンセンだが、本人は作品の予習から体作りまでダース・ベイダーを演じるにあたっで全力で挑んでいる。

ヘイデン・クリステンセン演じるダース・ベイダーが登場する『オビ=ワン・ケノービ』はDisney+ (ディズニープラス)にて独占配信中!

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。