『ホークアイ』、制作はいつごろ決まった? ー プロデューサーが振り返る

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

ジェレミー・レナーが約10年以上も演じてきてアベンジャーズの初期メンバーのひとりだるクリント・バートン/ホークアイ
そんなホークアイが初めて主人公となったドラマシリーズ『ホークアイ』は2021年末にDisney+ (ディズニープラス)で配信され、多くのホークアイファンを夢中にさせた。

そんな今作は一体いつごろ制作されることが決まったのだろうか?このことについてプロデューサーのトリン・トラン氏海外メディアのインタビューのなかで明らかにしている。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」の撮影中ホークアイの物語になにがあるかについて話し始めました。(いままで)クリント・バートンの物語を描く機会はあまりありませんでした。「エンドゲーム」ではスナップによって家族を失いながらもその家族を取り戻すことというエモーショナルな話があり、その間にはローニンにもなっていました。「エンドゲーム」撮影中に「コミックからの素晴らしい元ネタがたくさんあるのに、これをどうやって2時間で収めるのでしょうか?」と思ったことを覚えています』

つまりは『アベンジャーズ/エンドゲーム』の製作中に『ホークアイ』の単独作品の制作が決まっていたようだ。時期的には2017年から2018年ごろといったところだろうか。
また当初は『ブラックウィドウ』のように単独映画になる予定だったが、後にドラマシリーズへと変更されている。

また今作の終盤にて登場したキングピンのアイディアはマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏のアイディアであることも明かされている
キングピンはNetflixドラマ『デアデビル』の宿敵として登場し、今作においてもヴィンセント・ドノフリオが演じたことで多くのファンを歓喜させた。

いまのところ続編についてはわかっていない『ホークアイ』だが、新しいヒーローであるケイト・ビショップの登場や単独作も決まっているエコーなど、魅力的なキャラクターたちも活躍しただけに、続編を見たいという声もあることは確かだ。果たして引き続き二人の射手の活躍を見る機会は来るのだろうか?

『ホークアイ』はDisney+ (ディズニープラス)で配信中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。