『ホークアイ』登場のケイオ・ビショップの新コンセプトアート公開 - ヴィランはクリントの耳に障害を負わす?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Disney+ (ディズニープラス)で配信予定のマーベルドラマ『ホークアイ』。先日にはメインキャラクターのケイト・ビショップ役にヘイリー・スタインフェルドがほぼ確定したとの情報も入ってきており、いよいよ撮影に向けたキャスティングも最終段階に入りつつあるとみられる。

そんな中でケイト・ビショップの新たなコンセプトアートが公開された。

ヴィランの俳優にも目途が?

マーベル・スタジオでコンセプトアートを手掛けるアンディ・パーク氏は自身のツイッターにて、『ホークアイ』に登場するケイト・ビショップの新しいコンセプトアートを投稿した。

ビジュアルはコミックのケイト・ビショップそのままで、パープルのスーツや黒く長い髪、そしてゴーグルなどはほぼイメージ通りの姿となっている。
そのままドラマでも同じデザインで登場するかはわからないが、ファンならば一目でケイト・ビショップとわかる姿になるのは間違いなさそうだ。
ヘイリー・スタインフェルドがどのように演じてくれるのかも注目したいところ。

また海外メディアによると今作に登場するヴィランのピエロ役についても目途が立ってきたのではないかと伝えられている。

RUMOR MILL: Marvel Studios May Already Have An Actor In Mind For The Role Of Clown In HAWKEYE

以前には東ヨーロッパ出身の若い男性白人俳優を募集しているとされていた。一部の噂では『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』に出演したビル・スカルスガルドの名前も挙がっているが、真相は定かではない。

コミックでのピエロはクリトン・バートンの耳を2本の矢で突き、彼の聴覚を奪っていた。先日伝えられた情報ではドラマでもクリントが聴覚を失い、加えた同じように聴覚障害を持つヒーローのエコーが登場するともいわれていた。

今まで伝えられてきた情報を振り返ると、ピエロが登場してくるという噂も全く確証がないとは言えないだろう。

果たして『ホークアイ』はどのようにしてヒーローの引退と引き継ぎを描くのだろうか?今後の情報に注目しておこう。

関連記事を読む

コメントをする