『ブラックウィドウ』、未知のアベンジャーズメンバーがカメオ出演? - ブダペスト事件の関係か?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

残念ながら2回の延期を余儀なくされてしまった、MCUシリーズ最新作の『ブラックウィドウ』
『シビルウォー/キャプテンアメリカ』と『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の間の出来事を描く今作では、ほかのアベンジャーズメンバーの登場が噂されている。

今回はまた新たなキャラクターの登場の情報が入ってきた。

ホークアイが登場?

海外メディアが伝える噂によると、MCU最新映画『ブラックウィドウ』に、ジェレミー・レナー演じるクリント・バートン/ホークアイが登場すると伝えている。

RUMOR MILL: BLACK WIDOW May Include An Expected Cameo Appearance From Another Avenger

確実な情報というわけではないため、あくまで噂のレベルである。
しかしホークアイが登場するのはなんら不自然なことではないでしょう。

今作では『アベンジャーズ』からブラックウィドウとホークアイの間で語られる「ブダペスト事件」についても初めて詳しく触れられていくと伝えられている。時系列としてはブラックウィドウことナターシャ・ロマノフがSHILEDに所属するきっかけの話のため、『アベンジャーズ』やブラックウィドウ初登場作品の『アイアンマン2』よりも以前のものとなるはずだ。

フラッシュバックシーンなどでホークアイが登場してくることは十分にあり得るだろう。
もじ同じ時系列の場合は『シビルウォー』にて刑務所に送られ、その後スティーブ・ロジャースによって脱獄した後のホークアイとなる。

ホークアイはその後司法取引により、自宅の敷地内からは出ることができない状態になっていたのが『アベンジャーズ/エンドゲーム』の冒頭で分かっている。
脱獄から軟禁状態に変わった経緯が描かれる可能性もあるだろう。

このようなまだまだ噂が絶えない『ブラックウィドウ』は2021年4月29日に日本公開予定

関連記事を読む

コメントをする