ヘンリー・カヴィルのマネージャーはスーパーマン降板を否定。WBは不明瞭なコメントを発表

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

日本時間の深夜に突然ネット中を駆け巡った、ヘンリー・カヴィルのスーパーマン降板のニュース
ベン・アフレックのバットマン役の降板を以前から噂されていましたが、今回のこのニュースは完全に予想外のものとなっており、ファンにも驚きが広がっています。

この状況をなだめるためにヘンリー・カヴィルのマネージャーはこのようなコメントをツイッターに投稿しています。


『皆さん落ち着いて、(スーパーマンの)マントは彼のクローゼットの中だわ。ワーナーブラザースがDCユニバースを発展させていく限り、私たちはパートナーであり続けます。WBの今後の発表をお待ちください。』

マネージャー自身は今回の報道を否定する立場をとっています。現状としてはまだヘンリー・カヴィルはスーパーマン役に就いていることを明かしています。
ただワーナーブラザーズの見解に関してはマネージャー自身も把握していないようで、今後の動き次第では状況が変わるかもしれません。

その後、ワーナーブラザースの広報担当者もこの報道に反応、以下のようなコメントをしています。

今後のスーパーマン映画の製作の予定はないが、ヘンリー・カヴィルには常に大きな敬意を抱いており、それは今後も変わらない。』

ワーナーブラザースのコメントからでは、はっきりとヘンリー・カヴィルの降板を否定するようなものをくみ取ることはできませんね。
映画の製作の予定に関しては否定しているものの、あくまで彼との関係をよく見せるための対応だと思われます。

果たしてスーパーマンはどうなってしまうのか?
海外メディアのハリウッドレポーターは代わりに『スーパーガール』の映画製作を計画しているとも報じていました。

最後に、肝心のヘンリー・カヴィルは自身のインスタグラムに以下のような動画を投稿しています。

View this post on Instagram

Today was exciting #Superman

Henry Cavillさん(@henrycavill)がシェアした投稿 -



「Today was exciting #Superman(今日はスーパーマンで興奮した日だ)」というコメントと共に謎の動画を公開しています。
いかにもヘンリー・カヴィルらしいものではありますが、果たしてDC映画の未来はどうなってしまうのか?
今後も注目していきましょう。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!