ヘンリー・カヴィル、スーパーマン役を降板か?後枠には『スーパーガール』の映画化も

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ワーナーブラーザーズとDCコミックスが進めている映画「DCEU」シリーズでは、以前からバットマン役のベン・アフレックの降板の噂が多く飛び交ってきました。

しかし今回予想だにしなかった事態が起こりました。

ヘンリー・カヴィルがスーパーマン役を降板。どうなるDCEU

海外メディアのハリウッドレポーターの記事によると、『マン・オブ・スティール』や『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』、『ジャスティスリーグ』などでクラーク・ケント/スーパーマンを演じきたヘンリー・カヴィルが、同役を降板すると報じています。

Henry Cavill Out as Superman Amid Warner Bros.' DC Universe Shake-Up (Exclusive)

ワーナーブラザーズはヘンリー・カヴィル降板後は、今後数年間はスーパーマン映画を製作しないとも伝えられています。

『スーパーマンはジェームズ・ボンド(「007」シリーズの主人公)のようなもので、特定のスパンを開けた後に新しい俳優を見つける』

このようにスタジオの関係者は話していたと書かれています。

またヘンリー・カヴィル降板の裏には、スタジオがスーパーガールの映画化にシフトしたためだとも言います。
10代のヒロインヒーローであるスーパーガールを主人公に、オリジナルストーリーで製作されます。

スーパーガール自体は現在ドラマ版が人気を得ており、メリッサ・ブノワ主演で新シリーズが米国で放送されています。
おそらく映画とドラマは別の世界観となるため、ドラマには影響はないと思われます。

スーパーマンが実質的に不在となったことで、将来的なDCEUシリーズに大きな変化が訪れそうです。記事ではシリーズ自体のリセットボタンを押す可能性もあるとも書かれています。

今のところアクアマン、シャザム、ワンダーウーマン、フラッシュ、そしてバットマンの単独映画が進められていますが、しばらくは『ジャスティスリーグ』のような集合物は厳しいのではないでしょうか?

新たな試練を迎えたDCEU。果たしてスーパーガールが、スーパーマンの代わりとしてうまく機能してくれるのか、注目していきましょう。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!