グウィネス・パルトロー、MCUシリーズ卒業を発表 - 今後カメオ出演の意思はあり!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

MCUシリーズの『アイアンマン』シリーズで、主人公トニー・スタークの恋人ペッパー・ポッツ役で出演してきたグウィネス・パルトローが、2019年公開される『アベンジャーズ/エンドゲーム』をもって、MCUシリーズを卒業することを海外メディアのインタビューで明かしました。

Gwyneth Paltrow to Exit Marvel Cinematic Universe

『私は、演じてきたものは古くなってきています。現時点では「アベンジャーズ/エンドゲーム」までが全てです。私はペッパー・ポッツを演じたことがとてもラッキーだと思います。私は(アイアンマンの監督)ジョン・ファヴロー監督と友達でした。最初のアイアンマンを作り、それがファンにとってどれほど重要になってきたかを見れたことはとても素晴らしい経験でした。』

『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、トニー役のロバート・ダウニーJr.も今作を最後に同シリーズを卒業する予定です。そのほかにもキャプテンアメリカ役のクリス・エヴァンス、ソー役のクリス・ヘムズワースも同様に卒業が決まっています。

ただグウィネス・パルトローの今回のインタビューでは、卒業後もカメオ出演などの依頼があれば、すぐに駆け付けるともコメントしています。

『私は多くの人たちが夢中になっているものの一部になることを光栄に思っています。もちろん、彼らが「映画に一日だけ戻ってくることができますか?」と私を必要とすれば私はいつもそこにいるでしょう。

ファンとしては非常にうれしいコメントです。グウィネス・パルトロー自身今までに数多くのMCU作品に登場してきました。メインで登場しない作品としても『アベンジャーズ』『スパイダーマン:ホームカミング』、『アベンジャーズ/インフィニティウォー』にも出演していました。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』でアイアンマンの物語には終止符が打たれますが、今後もファンが望めばきっと戻ってきてくれるでしょう。

今作は4月26日に日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

小ネタはツイートでお知らせ中!