『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』、ヴィランに関わるものがセットで目撃? ー あのキャラが登場か

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』のネタバレが含まれている可能性があります。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズの最新作として制作が進んでいる映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』から、ついに撮影セットの様子が目撃されてにわかに話題になっている。

スターロードとネビュラの姿が目撃されているほか、今作に登場するヴィランに関わるものと思われるキャラクターたちの姿も確認された。

※この記事には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』のネタバレが含まれている可能性があります。苦手な方はご注意ください。

セットの中では豚の頭をした人型のキャラクターや、鳥やうさぎなど、クリーチャーのような特殊メイクをしたキャストがセット内で目撃されている。

このキャラクターたちがどういった役割のある者たちなのかはわからないが、一説によるといままで登場がウワサされていたハイ・エボリューショナリーが関わっているのではないかと推測されている。

ハイ・エボリューショナリーはコミックでは天才的な生物学者で、自らも実験によってスーパーパワーを得たヴィラン。アライグマのロケットを作り出したともされているキャラクターでもあり、今作のメインヴィランになると言われている。
俳優には同じくジェームズ・ガン監督制作のDCドラマ『ピースメイカー』に出演した、チャック・イウジが演じるとされている。

もしハイ・エボリューショナリーが登場するとなれば、セットで目撃された動物と人間のクリーチャーのような者たちは、彼が実験によって作り出したと考えれば説明がつく。いわゆるロケットと同じような存在ということだ。

『Vol.3』はロケットがストーリーのメインになるとも言われており、彼の今後の運命にも関わるものがあるのではないかと言われている。

果たして『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』はどのような展開を迎えるのだろうか?新キャラのアダム・ウォーロックの活躍も同時に注目していきたい。映画は2023年5月5日に全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。