『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』予告編解禁 ー あらすじにはチームの終わりの示唆も?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズ最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』の予告編がついに解禁された!

予告冒頭では新たな船とチームスーツを来たガーディアンズたちが、まるで動物の頭を持つ人間たちが暮らす惑星に降り立ち、ドラックスの手違いからその住民から嫌われてしまう姿から始まる。

今作ではロケットを作り出した生物学者でヴィランのハイ・エヴォリューショナリーが登場すると言われており、予告編でもチャック・イウジが演じるその姿が確認されている。この動物人間たちを作り出したのも彼なのだろうか?

またロケットの過去についても触れられており、リラと呼ばれるカワウソと抱き合う姿も映像のなかでは描かれている。

スターロードもガモーラを失ったことから完全には立ち直ることはできていないが、ガモーラ自体は予告にも登場。『アベンジャーズ/エンドゲーム』で過去からサノスとともに来たガモーラがそのまま現代にとどまっていることが推測される。

さらにはウィル・ポールター演じるアダム・ウォーロックも登場。彼が今回の映画でどのような活躍をするのかも注目していきたい。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』からは予告編解禁と同時にあらすじも解禁されている。

『ピーター・クイルはガモーラを失ったことにまだ立ち直れていないが、チームを集結して自分の銀河を守る必要がある。ミッションがうまくいかなければ、ガーディアンズの終焉に繋がる可能性もある』

今作はジェームズ・ガン監督からも最後の『ガーディアンズ』の映画であるとされており、シリーズ完結編になるとも言われていた。
ガン監督がDCスタジオの代表に就任していることからも、今後新作が作られるとしてもガン監督によるものではない可能性は高そうだ。

果たして最後のガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの活躍はどのようなストーリーになるのだろうか?
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』は2023年5月5日に全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。