『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』の撮影が21年11月より開始! ー クリス・プラットが報告

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズの待望の新作となる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』の撮影が、2021年11月より開始されることをスターロード役のクリス・プラットが報告した。

今年の終わりと来年の初めに映画を撮影します。11月から4月ぐらいかな

約半年の期間をかけて映画を製作する予定となっており、そこから1年近くかけて編集作業が行われていくとみられる。

今作の脚本についてはだいぶ前に完成していることをジェームズ・ガン監督が報告しており、クリス・プラット自身も数年前にすでに読んだことがあることをコメントしていた。

脚本は何年も前に書かれたものです。ずっと撮影をしようと思っていたのですが、予期せぬ事態とそのあとのパンデミックのために、、、あ、何が起こったかは覚えていません。何らかの理由で撮影ができなかったんです。だけど今は神の恵みによって私たちは撮影することができます。映画はジェームズ・ガンによって監督されるでしょう。それは本当に素晴らしいことです!』

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』ほどMCU作品のなかで撮影までにハードルが多かった映画もないだろう。
本来は2020年に公開を予定していたのだが、ジェームズ・ガン監督が過去の過激なツイートを掘り起こされたことで、ウォルト・ディズニー社から解雇されてしまっていた。このことはすでに数年前に謝罪をしていたにも関わらずディズニー社が判断を誤って解雇したことで、大勢のファンとキャスト、スタッフからの反発を受けていた。

ガン監督は解雇されていた間にワーナー・ブラザースと契約を交わし、DC映画『ザ・スーサイド・スクワッド』とスピンオフドラマ『ピースメイカー』の製作が決定した。
のちにディズニー社が態度を変えてガン監督を再雇用したことで、『GotG:Vol.3』の製作も継続することとなったのだが、プロジェクトは大幅に遅延、さらには新型コロナウイルスの影響による、MCUシリーズ全体の遅延も発生したことで現在は2023年に公開を予定している。

いずれにしてもジェームズ・ガン監督の手によって再びガーディアンズたちの活躍を観れることには違いない。加えてDisney+ (ディズニープラス)ではスピンオフ作品として『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル』とアニメ作品『I AM GROOT』の配信も決定している。

シリーズ完結に向けて大いに盛り上がりを見せている『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』は2023年5月5日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする