『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ジェームズ・ガン監督の再雇用はやはり無しか?情報が二転三転中

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

先日のディズニーによる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の脚本・監督を務めてきたジェームズ・ガン監督の解雇問題は、いまだに事態収拾の目途が見えません。

海外情報では、ディズニーとマーベルが改めてガン監督の再雇用を計画しているともいわれていました。

しかし更新された情報によると、再雇用の可能性は無いかもしれません。

ディズニーの精神に反する

海外メディアのVarietyによると、ディズニーとマーベルは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の主要キャストや署名運動にも関わらず、ジェームズ・ガン監督を再雇用する予定はないと、複数の関係者が明かしたと伝えられています。

Disney Unlikely to Rehire ‘Guardians of the Galaxy’ Director James Gunn (EXCLUSIVE)

その理由としては、ディズニーの精神でもある「ファミリー層に優しいイメージ」と反するためといわれています。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』は2019年初頭に撮影が開始される予定で、ディズニーとマーベルは数か月のうちに新たな監督の雇用と、新たな脚本の執筆を進めていかなければ状況に立たされています。

ジェームズ・ガン監督を解雇した張本人ボブ・アイガー ディズニー社会長は、ディズニーと20世紀FOXの合併が確実後に休暇に入っており、アイガー会長の休暇後にガン監督に関する動きがあるのではないかと言われています。

ギリギリの状況や、ファンやキャストの思いを鑑みればジェームズ・ガン監督の再雇用がベストだとは思いますが、2社は今度どのような対応をしていくのか注目です。

果たしてファンの思いは届くのでしょうか?
ジェームズ・ガン監督なしの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』はどうなってしまうのか?

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!