ドラマ『グリーンタンタン』、2つの時間軸が同時進行に? - 黒人女性キャスト採用の動きも

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

米国で展開されている動画ストリーミングサービスであるHBO Maxでは、DCコミックスとの連携を務めて今後数年間の間に複数のDCコミックスドラマの配信を予定している。

中でも久しぶりの実写化となるドラマ『グリーンランタン』には注目が集まっている。

今回『グリーンランタン』の時間軸について新たな情報が入ってきた。

複数のキャラクターも登場

海外メディアの情報によると、HBO Maxでオリジナルのコンテンツ責任者を担うSarah Aubrey氏は今後配信予定の『グリーンランタン』について、複数の時間軸に焦点を当てていくことを明らかにした。

Green Lantern HBO Max Series To Feature Multiple Time Periods (Exclusive)

『地球上のグリーンランタンについて、2つの物語に焦点を当て、数十年に及ぶ物語になるだろう。』

つまり今作では別々の時間軸の物語を展開していくこととなるのだ。
その一つが第二次世界大戦中の1940年代。主人公にはアラン・スコットが採用される。もう一つがレーガン大統領の時代である1980年代で主人公はガイ・ガードナーが置かれるとのこと。

このほかにも以前にはサイモン・バズやジェシカ・クルスといったキャラクターにも焦点を当てることが明らかになっており、2つの時間軸以外にもさらなる物語が進行していくと考えられる。

すでにHBO MaxはBreeJartaと呼ばれるキャラクターのための黒人女性の採用に動いているという。彼女は半分人間、半分エイリアンというハーフの存在で、複数のアイデンティティを持っている人物像を描くことになる。

少なくともライアン・レイノルズ主演の映画『グリーンランタン』とは大きく異なることは確かであろう。
HBO MaxやDCコミックスとしても肝いり作品となる『グリーンランタン』は鋭意製作中である。

関連記事を読む

コメントをする