『ゴジラVSコング』、日本公開は2021年5月14日に決定! - 日本語予告も公開

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

日米の二大怪獣が激突するモンスターバース新作『ゴジラVSコング』の日本公開日が5月14日に決定した!
それに合わせて日本語版予告編がも公開された。

公開日については米国からは2か月ほど遅れての公開となった。米国は3月に劇場公開とHBO Maxでの同時リリース公開を予定している。
予告編には前作まで渡辺謙さんが演じた芹沢博士の息子・芹沢蓮役に小栗旬さんが出演。重要な役どころとして登場するようだが、一部ではメカゴジラの開発者なのではないかとも予想されている。

公開された日本語尾版予告編は以前に公開された本国版とは大差があるようには見えないが、やはり期待しかない内容となっている。

今作にはほかにも、アレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、レベッカ・ホール、ブライアン・タイリー・ヘンリー、エイザ・ゴンザレス、ジュリアン・デニソン、カイル・チャンドラー、デミアン・ビチルも出演。前作からはミリー・ボビー・ブラウンも同役で出演している。

究極の激突となる『ゴジラVSコング』。果たしてどのような展開が予定されているのだろうか?今後の情報に期待だ。
今作は5月14日に日本公開予定。

関連記事を読む

  1. かず より:

    メカゴジラ、スーパーXが噂になっていますが、ラドンやギドラの首は登場するのでしょうか?
    楽しみですね。

    • ゆとぴ より:

      楽しみですねー!!ギドラの首はかなり気になっているので、個人的にはメカキングギドラの登場に期待してますw

コメントをする