『ゴジラVSコング』続編の概要が解禁 ー 二大怪獣が立ち向かう未知の脅威?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

レジェンダリー・フィルムが進めるモンスターバースの新作として制作される『ゴジラVSコング』の続編の公式概要が発表され、そこでゴジラの再登場にも言及されていることが明かされた

『続編では全能なコング恐ろしい存在のゴジラは、この世界でいまだ発見されていない巨大な脅威と戦い、彼ら自身の存在、そしてわたしたち自身の存在にも立ち向かっていくことになる。タイタンの歴史やその起源、髑髏島とその謎を更に掘り下げ、並外れた存在を作り上げて、人間たちとの永遠にもわたる神話の戦いを明らかにする』

すでに概要からもその壮大さが想像付く内容となっているが、いままではゴジラが登場しないというウワサがあった。それを跳ね返すようにしっかりとゴジラの名前も確認されている。コングとゴジラのバトルが再び起きるかはわからないが、二大怪獣と戦うことになる未知の巨大な脅威というのも気になるところだ。

前作登場した地底世界もおそらく今作でも描かれることが予想され、一部の情報ではコングの息子の登場も予想されている。

『ゴジラVSコング』続編は前作に引き続きアダム・ウィンガード監督がメガホンを撮り、ダン・スティーヴンス(『美女と野獣』)、ファラ・チェン(『シャン・チー/テン・リングスの伝説』)、アレックス・ファーンズ(『ザ・バットマン』)、レイチェル・ハウス(『マイティ・ソー/バトルロイヤル』)が新たに映画に出演する。

テリー・ロッシオ氏(『ゴジラVSコング』)、ジェレミー・スレーター氏(『ムーンナイト』)、サイモン・バレット氏(『YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト』)が共同で脚本を執筆する。

『ゴジラVSコング』続編は2024年3月15日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。