レオナルド・ディカプリオ制作のヒーロー映画『キャプテン・プラネット』は残ってる? ー 主演予定俳優がコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

2016年頃にレオナルド・ディカプリオと彼の制作会社アッピアン・ウェイが実写化を計画していたヒーロー映画の『キャプテン・プラネット』
地球の環境を保護することを目的とするヒーローであり、かつて日本でもアニメが放送されたことのある作品だ。

長らくアップデート情報が入っておらず、実質的に計画が頓挫したと思われている。

そんな『キャプテン・プラネット』で主演を予定しており、最近では『トップガン:マーヴェリック』ですっかり有名になった俳優のグレン・パウエル海外メディアのインタビューに対して、ヒーローを演じることにまだ前向きな気持ちがあることを明かしてくれている。

キャプテン・プラネットは間違いなく私が非常に情熱を注いでいるものです。レオナルド・ディカプリとと私はそのことについて数年もの間まとめてきました。ワーナー・ブラザース・ディスカバリーの最近の組織の変更によってこのプロジェクトがどのように機能するかを見定めています。これは環境を守るヒーローなので、必ずしもワーナーが制作しているDCに入る必要はありません。DCとは別に存在しています。”

2016年当時はパラマウント・ピクチャーズとともにレオナルド・ディカプリオが権利関係の整理を行おうとしているとしていたのだが、その結果がどうなってしまったかについては依然として不明だ。

大きく進展はしていないというのが正直なところではあるが、制作するとしてもまだまだ数年先になることは確実だろう。
ただ『トップガン』の続編で大きく名前を上げたグレン・パウエルのヒーローということもあり、大きく前進しだすことは考えられるだろう。

キャプテン・プラネットは人間による地球環境の破壊を危惧した女神ガイアはこれを防ぐために、5人の純粋な心をもつ子どもたちに、大地、炎、風、水、心のパワーを持つ指輪を授け、子どもたちのチーム「プラネッターズ」が結成された。ピンチになったときに5人の指輪を合わせることで、スーパーヒーローのキャプテン・プラネットが出現するという、一風変わったヒーロー作品である。

ちなみに今ではMCUシリーズでローディ/ウォーマシン役で有名なドン・チードルが実写版に出演していたが、これが色々とカオスだと話題になっていたのも記憶に新しい人も多いことだろう。

マーベルでもDCでもない、地球環境を守るキャプテン・プラネットの実写デビューに期待をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。