ジョージ・クルーニー、映画『フラッシュ』への出演可能性についてコメント - 「乳首スーツは求められていない」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

現在製作の準備が進められているDCコミックス映画『フラッシュ』
主演のエズラ・ミラーはもちろん、ベン・アフレックやマイケル・キートンなどのかつてバットマンを演じた俳優が同じキャラクターで出演することもわかっている。

そんな中で同じくかつてバットマンを演じたジョージ・クルーニーも映画への出演可能性についてコメントを寄せた。

『あの映画はひどいものだった』

かつて『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』でバットマンを演じたジョージ・クルーニーは、海外メディアのエンパイア誌のインタビューに答え、製作中の『フラッシュ』への出演のオファーがあったかについてコメントをした。

Batman Actor George Clooney Claims He Hasn’t Been Asked About Appearing in The Flash

『おかしいなぁ、彼らが私に電話をかけなかったことに気づいてくれるでしょう。どういうわけか私はその電話を受けてはいません。彼らは私の乳首を求めていません。

ジョージ・クルーニーが演じたバットマンのスーツには、なぜか乳首がデザインされており、ファンの間では通称”乳首スーツ”と揶揄されていることでもおなじみだ。
クルーニー自身もそのことは知っており、今回のインタビューでも『フラッシュ』のオファーが来ていないことと同時に、自虐的に話した。

その後もクルーニーは冗談めいたことを語っている。

『あなたが決して知らない特定のことがあります。それを私は知っています。
また「バットマン&ロビン」がひどい映画だといわれるとき、私はいつも答えます。「私はあの映画でとてもひどかった」』

今のところは本当にクルーニーのもとにオファーが来ている様子はなく、『フラッシュ』にて再び乳首スーツが観れることはなさそうだ。

今後過去の作品とのクロスオーバーが拡大していけば、ジョージ・クルーニーに声がかけられる可能性は十分にあり得るでしょう。
『フラッシュ』は2022年7月1日に公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする