『ガンビット』製作計画は進行中!監督降板と公開延期の影響で夏に撮影開始か?

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

X-MENの新たなスピンオフ作品である『ガンビット』は今年の3月より撮影が開始される予定でしたが、今作を監督する予定のゴア・ヴァービンスキー氏が製作のプロジェクトから「スケジュールの都合」で離れてしまい、計画通りに撮影が行われない、最悪の場合作品自体がなくなるのではないかと言われていました。
しかし、『ガンビット』は依然として計画進行中だと海外のメディアサイトOmega Undergroundにて報じられました!

‘Gambit’s March Production Start In NOLA Has Been Given The Axe

記事の中では3月撮影開始の予定から、今年の夏へと先送りとなると書かれています。
その影響としては、もともとの公開日2019年2月14日から6月7日へと変更された影響だと言われています。

しかし今のところ新たな監督の情報はないため、今現在はその交渉中ではないかとみられます。

『ガンビット』はチャニング・テイタム主演で製作される予定ですが、監督はゴア・ヴァービンスキー氏の件を含めて過去3度の降板を繰り返しています。
二転三転としているなか、ファンの間では公開の不安視もありましたが、公開日の更新が最近発表されたため、とりあえずは一安心といったところですね。

監督などに関する新たな情報が入りましたらお知らせいたします!

『ガンビット』は2019年6月7日に全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

小ネタはツイートでお知らせ中!