『フラッシュ』時間改変後バットマンに『BvS』出演俳優が? - サイボーグ再登場も

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCコミックスが展開する映画シリーズのDCEUは現在、大きなテコ入れを加えようとしており、その分岐点になるのがエズラ・ミラーの『フラッシュ』ではないかと言われている。

原作コミックには『フラッシュポイント』を使用するといわれているが、今回は映画に登場するといわれているキャラのキャスト情報が入ってきた。

『BvS』登場のトーマス・ウェインと同じ配役か

海外メディアのシネマスポットは、エズラ・ミラー主演の『フラッシュ』に登場するといわれているバットマン役に、ジェフリー・ディーン・モーガンが計画されていると伝えている。

‘The Flash’ Film To Feature Flashpoint Batman With Jeffrey Dean Morgan Circling Role Reprisal

ジェフリー・ディーン・モーガンは『バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生』のブルース・ウェインのフラッシュバックシーンで、彼の父親トーマス・ウェイン役を演じた。登場時間も少なく、クレジットもされていなかったが、『フラッシュ』ではこのトーマス・ウェインがメインキャラになるといわれている。

なぜならば原作といわれているコミック『フラッシュポイント』は、時間改変によってトーマス・ウェインと妻のマーサ・ウェインは生き残り、逆にブルース・ウェインが殺されているといった世界線なのだからだ。

トーマス・ウェインはより過激なバットマンとなり、マーサは女性版ジョーカーに堕ちているといったハードな展開を見せている。

そんなトーマス版バットマンが『フラッシュ』に登場するのは期待ができる。しかも同じキャスティングになるのもファンとしては嬉しいところだ。ブルース・ウェインを演じていたベン・アフレックが降板している状況だからこそなおさらだ。

また『フラッシュ』のメガホンをとる予定のアンディ・ムスキエティ氏の姉で、プロフェッサーのバルバラ・ムスキエティ氏は、ファンとの交流の中でサイボーグが再登場することをコメントしている。

Social Media: Fan dm’s Barbara Muscheitti on having Cyborg in the Flash to which she replies “obviously” from r/DC_Cinematic

『フラッシュポイント』ではサイボーグがスーパーマン的なヒーローとして活躍しているため、彼の登場も欠かすことはできないだろう。

ファンからの期待値も高い『フラッシュ』。果たしてどのような映画として完成するのだろうか?
『フラッシュ』は2022年6月3日に全米公開予定

関連記事を読む

コメントをする