映画『フラッシュ』は2021年に撮影開始か? - エズラ・ミラーは『ファンタビ3』の撮影終了後に参加との報道も

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

『ザ・バットマン』『ザ・スーサイド・スクワッド』『アクアマン2』などの製作などで活発な動きを見せているDCコミックス映画。最近ではJ・J・エイブラムス氏の会社にスーパーマンとグリーンランタンの映画製作権が買収される予定も伝えれれていました。

そしてDCコミックスの中でも人気の高いヒーローの単独映画の情報が新たに入ってきました!

エズラ・ミラーは『ファンタビ3』の撮影スケジュール次第での参加に

海外メディアのバラエティによると、DCコミックスの映画『フラッシュ』が2021年に撮影が開始されることを伝えています。

DC Films Plots Future With Superman, Green Lantern and R-Rated Movies (EXCLUSIVE)

ここ最近は情報の更新がなかった『フラッシュ』ですが、現在でもワーナーブラザースの製作スケジュールの中には名前が残っており、おそらくエズラ・ミラー『ファンタスティック・ビースト3』の撮影が完了するまでは動くことができないと予想されています。

一時はエズラ・ミラーとワーナーブラザースとの間の契約が期限切れを迎え、単独映画製作の情報もアップデートされていなかったため、絶望的ではないかと考えらえていましたが、まだそう思うには早かったようです。

『フラッシュ』は今まで様々な監督が就任しては降板してを繰り返しており、現在は大ヒットホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』アンディ・ムスキエティ監督が正式にメガホンをとることが決定しています。

ストーリーに関してはまだまだ不明な点は多く、当初原作にする予定だった『フラッシュポイント』の案は破棄されています。
ドラマ版『フラッシュ』の人気をみるに、DCコミックスの中でバットマンやスーパーマンなどに並ぶ人気を誇るフラッシュ。単独映画は世界中の多くのファンが望むものであることは間違いないでしょう。

現状では『フラッシュ』の公開日は設定されていませんが、2021年製作のスケジュールから2022年頃には劇場公開される見込みであることが予想されます。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です