映画『フラッシュ』、まだ劇場公開するかはわからない? ー WBでは検討中の情報

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCEUシリーズの新作としてエズラ・ミラー主演で2023年に公開を控えている映画『フラッシュ』
幾度かの公開延期を経ながらも人気の高いフラッシュの単独映画なだけに、DCファンからの期待値も高い作品となっている。

しかし最近の情報によると、ワーナー・ブラーザースは依然として今作の劇場公開に踏み切るのか決めかねていると伝えられている。

別の報道ではレスリー・グレイスの配信映画『バットガール』が公開中止になったという衝撃のニュースがあっただけに、『フラッシュ』にも影響があるのではないかとされている。また2つの作品にはマイケル・キートン演じるブルース・ウェイン/バットマンが登場しているというのもあり、彼に関する今後の計画にも変更があるのではないかと推測されているのだ。

ただ『フラッシュ』についてはご存知の通り、エズラ・ミラーの暴行行為や迷惑行為による複数回の逮捕によって作品イメージに非常に大きなダメージを受けてしまっているのが大きな原因とされている。

公開中止という選択肢自体があるのかはわからないが、『バットガール』という前例ができてしまっただけに、それも現実味を帯びてきてしまった。

少なくともスタジオ上層部はまだ『フラッシュ』をどうすべきかの議論を行っているとのことで、今後の情報には注視していく必要がありそうだ。

『フラッシュ』は現在2023年6月23日に全米公開予定となっている。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。