『フラッシュ』に登場のヴィランが判明か? ー 原作コミックに近いキャラ?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCEUシリーズの新作として公開を予定している映画『フラッシュ』では、主人公のバリー・アレン/フラッシュの母親を助けるために過去に飛んだことで、世界線が改変されてしまい、マルチバースの展開がされていく作品になると言われている。

原作コミックには『フラッシュポイント』が使用されているとも言われているが、多くのストーリーは全く別物とされており、ヴィランについてもリバース・フラッシュとは異なるキャラクターなのではないかと推測されている。

そんななかで今作の制作に携わったスタントパフォーマーのインスタグラムの写真に、『フラッシュ』のスタッフにプレゼントされるTシャツが写っており、そこには今作のヴィランらしきキャラクターのシルエットがプリントされていた。

シャツにはスーパーガールとバットマンに加えて、なにか禍々しい雰囲気のフラッシュが大きく描かれていることがわかる。
ここから今作のヴィランはフラッシュと同じくスピードフォースを使うキャラクターなのではないかと推測されている。

それこそリバース・フラッシュが当てはまりそうではあるが、このキャラクターに関しては以前に登場が否定されていたことがあり、またドラマとの差別化もあってか別のキャラクターになるとされている。

一方でティザー映像のなかではもうひとりのバリー・アレンが登場していることがわかり、彼らがどのような関係なのかもいまだに明かされていない。ひょっとするとこのシャツの禍々しいフラッシュは、映像に登場したもうひとりのバリーを指しているのかもしれない。

果たして『フラッシュ』ではバリーは誰と敵対することになるのだろうか?今後の情報には注目をしておこう。
映画は2022年11月4日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。