『フラッシュ』、2021年3月頃に撮影開始か - レイ・フィッシャーはサイボーグ役オファー後にWBを告発?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

エズラ・ミラー主演で公開が期待されている『フラッシュ』。マイケル・キートンやベン・アフレックがバットマンとして出演することが続々と伝えられ、期待が上がらないわけがない。

そんな今作の撮影時期についての情報が入ってきた。

サイボーグの再出演はあるのだろうか?

海外メディアのThe Wrapの報道によると、ワーナー・ブラザースは2021年3月ごろに撮影が開始されることを報じている。

‘Justice League’ Star Ray Fisher Went on Twitter Attack After Getting Cameo Offer in ‘The Flash’ (Exclusive)

公開が2022年を予定しているため、半年ほどをかけての撮影が行われると考えられる。
また新型コロナウイルスの影響も考えて、一時的に中断されることも想定しているという。

同じくワーナー・ブラザース映画『ザ・バットマン』は先日に撮影が再開したにもかかわらず、主演のロバート・パティンソンが陽性を示してしまったため、再度中断に追い込まれた。

今後の感染状況次第ではあるが、『フラッシュ』も無事に撮影が始まることを期待しておこう。

そして今作にはもう一人ヒーローが登場するといわれている。それが『ジャスティスリーグ』でレイ・フィッシャーが演じたサイボーグだ。レイ・フィッシャー自身はまだワーナーとの契約が続いており、すでに出演オファーが来ていると伝えられた。

一方でその数日後に『ジャスティスリーグ』でザック・スナイダー監督の代打としてメガホンをとったジョス・ウェドン監督の、撮影現場での高圧的な態度や、それを許したワーナー・ブラザースの上層部を告発するツイートをしている。

現在はワーナー・ブラザースが本案件にかんする捜査を行っているが、レイ・フィッシャー自身がワーナーへの不信によりなかなか協力が得れないと伝えられていた。

『ジャスティスリーグ』でもサイボーグとフラッシュの良いコンビを見せてくれただけあって、ファンとしては再び2人の活躍が観たいといのが本音だ。果たして『フラッシュ』はどのような作品になっていくのだろうか?

映画は2022年6月2日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする