『フラッシュ』アンディ・ムスキエッティ監督、新たなスーツのマークを公開! ー 更なるパワーアップへ

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCEUシリーズの中でも期待値が非常に高い映画であるエズラ・ミラー主演の『フラッシュ』。今作はすでに撮影が行われており、約30年以上ぶりにバットマン役としてリターンするマイケル・キートンにも注目が集まっている。

そんな中でメガホンをとるアンディ・ムスキエッティ監督は自身のインスタグラムで、映画に登場するフラッシュの胸のロゴマークの写真を共有した。

赤いスーツにキレの良い金色が輝くおなじみの稲妻マークながらも、『ジャスティスリーグ』版からさらにアレンジが加えられたものとなっている。赤いスーツのテクスチャも特徴的なデザインとなっており、質感もビニールのような光沢感もあることも良くわかる。全体的なスーツのシルエットも大きな変更が加えられていそうだ。

フラッシュの新スーツは以前に公開されていたバットマンと並ぶコンセプトアートなかでもその姿が示唆されており、ファンの中でも記憶に新しい方も多くいるだろう。

またアンディ・ムスキエッティ監督はキートン版バットマンのロゴに続いてフラッシュのロゴも投稿したことで、これに続いて他のヒーローのスーツの一部を公開するかもしれないと予想されている。
今ベン・アフレック演じるバットマンやサッシャ・カーレ演じるスーパーガールも彼のインスタグラムに登場するところに期待したい。

現在撮影中の映画『フラッシュ』は2022年11月4日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする