『フラッシュ』はこれまでにないDC映画に? - 監督は新スーツにも言及

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCコミックスの映画シリーズの中でも随一の注目作であるエズラ・ミラー主演『フラッシュ』
現在は撮影に向けての様々な準備を進めているが、すでにベン・アフレックとマイケル・キートンのバットマン役としての出演が決まっていることで非常に注目度が高くなっている。

そんな今作についてその意欲を監督が語った。

前人未踏の内容に?

DC映画『フラッシュ』でメガホンをとるアンディ・ムスキエティ監督はオンラインイベントのCCXPのプレゼンテーションに参加し、映画がどのような作品になるかについて語ってくれた。

The Flash Movie Goes “Where the DC Universe Hasn’t Gone Before”

DCユニバースがこれまでに行ったことのない場所に連れていってくれる、とてもエキサイティングだ。もっと話すことが待ちきれないですが、今のところはサポートと素晴らしいファンがいたことにとても感謝しています。』

また監督は今作でフラッシュに新しいスーツが登場することも話した。これは以前に公開されたコンセプトアートにあったシルエットのものと予想される。

DCユニバースが前人未踏のストーリーになることを話したムスキエティ監督。今のところ2人のバットマンが登場する時点で今までのDC映画ではなかった試みであることは明らか。そのほかにもかつてリンダ・カーターが演じたワンダーウーマンの登場も噂されているため、2017年の『ジャスティスリーグ』を超えるレベルの豪華キャストになることも期待されている。

マルチバースを描いていくともいわれている『フラッシュ』は2022年11月4日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする