『フラッシュ』には別のジャスティス・リーグが登場する? ー 監督が明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCEUシリーズの新作として公開を控えている映画『フラッシュ』

シリーズにおいても重要な作品になると言われている今作では、フラッシュの能力によって時間改変が行われ、さらにはマルチバースも扱われる作品としても期待がされている。

そんな『フラッシュ』でメガホンを取ったアンディ・ムスキエティ監督海外メディアのインタビューに対して、映画に別のジャスティス・リーグが登場してくることをコメントしている。

”私達が知っているような強力なジャスティス・リーグではない、別のジャスティス・リーグが登場しています。(中略)引退した状態の自警団と自分で言っているブルース・ウェイン、半分太陽光発電のような宇宙人(スーパーガール)、そして二人のお調子者(二人のバリー・アレン)です”

監督が挙げたジャスティス・リーグのメンバーはすでにティザームービーのなかでも登場していたキャラクターでもあり、彼らが今作におけるジャスティス・リーグのような役割をしているようだ。

ファンおなじみの映画の方のジャスティス・リーグにはバットマン、スーパーマン、ワンダーウーマン、アクアマン、サイボーグ、そしてフラッシュが所属し、ステッペンウルフの侵略から地球を守ることに成功していた。

『フラッシュ』におけるジャスティス・リーグはマイケル・キートンのバットマンを始めとして、スーパーガールに、別世界同士の二人のバリー・アレンとまさに凸凹なメンツだ。彼らが今作のメインキャラクターになることは間違いないが、どのようなシナジーを描いてくれるのかは期待したいところ。

アンディ・ムスキエティ監督はこのほかにも映画ではマルチバースが主に扱われるとしており、様々なバージョンのキャラクターの探究をしていくとも話している。今作は次に続く新たなDCUシリーズに繋がる作品と言われているため、どのような結末を迎えるかについては注目すべきポイントだ。

ヘンリー・カヴィル演じるスーパーマンや、ガル・ガドット演じるワンダーウーマンのカメオ出演もあるとウワサされていたが、最近になった2つのシーンはカットされたとも報告されており、映画公開までまだまだ多くの変更が加えられていきそうだ。

『フラッシュ』は2023年6月16日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。