『フラッシュ』プロデューサー。DCユニバースの再起動を明言 - 『タイムラインの架け橋である』

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCコミックス映画として、非常に期待が込められているエズラ・ミラー主演の『フラッシュ』
今作は近年まれにみるようなクロスオーバーが予定されており、現在展開されている映画だけではなく、過去に公開された映画とのクロスオーバーまで用意されているのだ。

そんな『フラッシュ』でメガホンをとるアンディ・ムスキエティ監督の姉であり今作でプロデューサーを務めるバルバラ・ムスキエティ氏は、映画がどれほど壮大な内容になるかについて話してくれた。

『ある意味で、すべてを再起動』

『フラッシュ』のプロデューサー、バルバラ・ムスキエティ氏はDC FanDomeの質問コーナーのなかで、今作の壮大なストーリーについてはコメントをしてくれた。

The Flash MoThe Flash Movie Restarts Everything, Features a Lot of DC Charactersvie Restarts Everything, Features a Lot of DC Characters

『あまり多くを話すつもりはありません。しかし私がお伝えするのは、これが乗り物だということです。楽しくて刺激的なものになり、たくさんのDCキャラクターが登場します。フラッシュはこれらすべてのキャラクターとタイムラインの架け橋であり、ある意味ではすべてを再起動しますが、すべてを忘れることはありません。

「たくさんのDCキャラクター」という言葉が気になってしまう。今のところ登場が明らかになっているのが、フラッシュ・ベン・アフレック版バットマン・マイケル・キートン版バットマンのみである。

これだけでも十分すごいのだが、さらに多くのキャラクターが登場するのは期待するしかない。

加えて”再起動”しながらも”忘れない”という言葉にも注目したい。
おそらくはマイケル・キートンのバットマン以外にも、過去のDC作品からのキャラクターが登場してくる可能性がある。

思い返せばDCドラマのクロスオーバー『クライシス・オン・インフィニット・アース』でも、現在展開されているドラマだけではなく、過去に放送されたドラマや映画ともクロスオーバーするという、今までの常識では考えられなかったことをやってくれた。

ドラマの成功に味をしめたワーナー・ブラザースは、『フラッシュ』を足掛かりに映画でも壮大な展開をしていこうとしているのだ。

果たして新たに登場するDCキャラクターとは誰になるのだろうか?
映画は2022年6月3日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする