『フラッシュ』、『IT』監督アンディ・ムスキエティが協議中? - 『バンブルビー』脚本家就任の噂も

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCEUシリーズは『ワンダーウーマン』『アクアマン』、そして『シャザム!』などのクロスオーバーがメインではない単独映画作品が大いに盛り上がりを見せており、今後の方針もより一層単独ヒーローを深堀するものとなっているようです。

しかしいまだに単独作品公開のアナウンスがありながら、ほとんど計画が進んでいないのがエズラ・ミラー主演の『フラッシュ』

今回はまた新たな監督と脚本か就任に関する情報が入ってきました。

ようやく製作されるのか?

海外メディアのハリウッドレポーターによると、エズラ・ミラー主演の『フラッシュ』に、『IT/イット ”それ”が見えたら終わり』アンディ・ムスキエティ氏が監督に、『バンブルビー』や現在製作中の『バーズ・オブ・プレイ』クリスティーナ・ホドソン氏が脚本家に就任するために協議中であることを報じています。

‘Flash’ Shocker: ‘It’ Director Andy Muschietti in Talks to Tackle DC Movie (Exclusive)

あくまで協議中の段階として、本決まりになったわけではなさそうです。またムスキエティ監督の妻であるバーバラ・ムスキエティ氏や、『ランペイジ』『センター・オブ・ジ・アース2』を手掛けたプロデューサー、マイケル・ディスコ氏とともに共同製作を行うことも伝えています。

これ以外の詳細は伝えらえてはいません。

『フラッシュ』は様々な監督や脚本家が就任し、いよいよ製作開始となる直前で降板を繰り返してきました。数か月前には主演のエズラ・ミラー自身が膠着状態だった映画の企画を動かすために脚本の執筆を行ったとも伝えていました。2019年5月の契約切れのでの降板を覚悟の上だったともいわれていますが、その5月を過ぎた現在、実際に契約切れになったのか、更新されたのかはわかっていません。

『フラッシュ』は現在もリリース日が無期限延期状態となっていますが、ヒット作メーカーによる手でようやくDCコミックスのスピードスターが走り出せるのか注目です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です