スティーヴン・スピルバーグが『ファンタスティック・フォー』を制作する? ー 海外メディア記者は情報を否定も

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズでリブートを予定している映画『ファンタスティック・フォー』はファンからも注目度の高い映画となっているが、先日にはメガホンをとる予定だったジョン・ワッツ監督が今作の制作から降板したため、現在は次なる監督候補を探している最中だとされている。

そんな『ファンタスティック・フォー』の監督候補に、『ジャラシック・パーク』『インディ・ジョーンズ』を制作したSF映画の神様スティーヴン・スピルバーグ監督の名前が挙がっていると海外メディアの記者が報告している。

『私はもうスクープ合戦に参加していないんだけど、マーベルが「ファンタスティック・フォー」の制作に興味があるか確認するために、スピルバーグのチームに連絡したと聞いています。ただおそらく彼は制作に関心がないため、あくまで案として話し合われただけだとのこと』

マーベル・スタジオがスピルバーグ監督に連絡をとっていたとなれば驚きではあるが、当の本人はあまり『ファンタスティック・フォー』の制作には興味が無いようだ。

一方で有力海外メディアのバラエティの記者の報告によれば、今回の情報は「真実ではない」否定している。

『衝撃的なニュースだ。スティーヴン・スピルバーグがマーベル・スタジオの「ファンタスティック・フォー」のリブートを制作するという非常に信じがたいウワサが入ってきましたが、それは絶対に無い。ごめんね!

完全否定をしていることからみると、今回のウワサがどこからわいてきたものなのかも気になるところだ。
火のないところに煙は立たないともいうが、果たしてマーベル・スタジオは本当にスティーヴン・スピルバーグに連絡をとっていなかったのだろうか?

ちなみにスピルバーグ監督は次の新作『The Fabelmans(原題)』が最後の監督作品になるとも言われているため、新たに『ファンタスティック・フォー』を制作する可能性も低いと見られている。なおかつマーベル・スタジオのように作品にある程度の制約があるようなものにも興味がないとも言われており、やはり彼のマーベル参戦は夢に終わりそうだ。

今後『ファンタスティック・フォー』に関する新たな情報が入り次第お知らせをしていく。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。