『ファルコン&ウィンターソルジャー』プロデューサー、シーズン2の可能性を示唆 ー 『ワンダヴィジョン』は限定シリーズに

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Disney+ (ディズニープラス)で配信されているマーベルドラマ『ワンダヴィジョン』と『ファルコン&ウィンターソルジャー』。いずれも高いクオリティに多くのマーベルファンが歓喜し、シリーズの枠を超えて1つのドラマ作品としてもその品質の高さに多くの賞賛の声が集まっている。

そんなドラマシリーズを手掛けたマーベル・スタジオのプロデューサーは、2つのドラマの今後の展開について話してくれた。

『ワンダヴィジョン』はこれっきり?

マーベル・スタジオのプロデューサーであるネイト・ムーア氏は海外メディアのインタビューの中で、『ファルコン&ウィンターソルジャー』のシーズン2の可能性について語った。

‘The Falcon and the Winter Soldier’ Will Run as a Drama Series at 2021 Emmys — Exclusive

『うまくいけば、今シーズンの終わりに、次のシーズンで私たちが物語を作り続ける可能性がわかるでしょう。』

ムーア氏は『ファルコン&ウィンターソルジャー』と『ワンダヴィジョン』の2作品のエミー賞へのエントリーをすることを明かすと同時に今後の展望をあかした。
異なるキャラクターに焦点を当てることもできるとし、続編を作れる可能性を語ってくれた。

一方で『ワンダヴィジョン』については次のように話した。

「ワンダヴィジョン」は一度しかできないドラマだと思う。彼女はその現実に戻ることはできないでしょう。』

内容的にもワンダとヴィジョンの新たな別れと、彼女がスカーレットウィッチへの覚醒を描いた話となっていた。そのためストーリー的にもほとんど完結に近い形で終了していた。今後は『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』につながるといわれているが、例え続編が作られてもヴィジョンが再登場したり、シットコム形式のドラマが繰り広げられる可能性も低いだろう。

もちろんホワイトヴィジョンというキャラクターについてなどの気になるポイントもあるものの、シーズン1で終わらせた方が物語としてはスッキリとするだろう。

マーベル・スタジオは今後も新たなドラマ作品の配信を計画しており、『ファルコン&ウィンターソルジャー』のあとには『ロキ』も控えている。今後のドラマの展開にも期待して注目をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする