『ファルコン&ウィンターソルジャー』の劇中写真が複数公開 - 黒服を着るサムの謎

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

3月より配信を予定しているDisney+ (ディズニープラス)ドラマの『ファルコン&ウィンターソルジャー』
かつてキャプテンアメリカの相棒として活躍したサム・ウィルソン/ファルコンと、バッキー/ウィンターソルジャーの2人を主人公とした作品として、かなり注目されているドラマだ。

そんな今作の劇中写真が複数公開され、中には謎を深めるシーンと思しき写真も含まれている。

黒服でシールドをもつサム

『ファルコン&ウィンターソルジャー』のシーンを収めた劇中写真はこちらからご覧ください。

THE FALCON AND THE WINTER SOLDIER: Marvel Studios Releases 10 Awesome New Stills From The Disney+ Series

写真の中にはすでに公開されたものから、予告編でも観ることのできたシーンなど、合計10枚の写真が公開されている。
基本的にはサムとバッキーに焦点を当てたものだが、なかにはシャロン・カーターとともに銃を構えた何者かと戦闘をする姿も映し出されている(写真処理のミスなのか、バッキーの左腕がなぜか普通の指に)。

そして気になるのは黒い服を着たキャプテンアメリカのシールドを見つめるサムの写真だろう。

この写真が実は”喪服”を着ているサムなのではないかと推測されている。
もし喪服ならばキャプテンのシールドを見つめているのがさらに意味深である。

これはキャプテンアメリカことスティーブ・ロジャースの葬式に出席したサムなのではないかといわれている。
スティーブ・ロジャースは『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラストにて、タイムスリップを利用して自身の人生をやり直し、そのまま年老いた姿でサムたちの前に現れていた。

スティーブはシールドをサムに譲ることで、キャプテンアメリカの名前を彼に受け継いで物語は終わっていた。『ファルコン&ウィンターソルジャー』はその後の2人の活躍を描いていくのだ。

この時点でのスティーブは少なくとも100歳を超えているとも考えられ、いくら超人兵士だとしても寿命がないわけではない。もしドラマのなかで彼の死去が描かれるとしたら非常に胸にくるものがある。

サムがシールドを見つめる部屋もどころなくレトロな雰囲気の場所で、とても彼の部屋とは思えないところも意味深だろう。

果たして『ファルコン&ウィンターソルジャー』はどうなっていくのだろうか?配信まで期待しながら待つことにしよう。
今作は3月19日からDisney+ (ディズニープラス)で独占配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする