『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』ジョン・ウォーカー役ワイアット・ラッセルが復帰にコメント ー 「またやりたい」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズのドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』では、アメリカ政府が擁立した2代目キャプテン・アメリカであるジョン・ウォーカーというワイアット・ラッセルが演じる新たなキャラクターが登場していた。

スティーブ・ロジャースのキャプテンとは少々やり方が異なる彼の行動に反発するサム・ウィルソンとバッキーではあったが、最終的には彼と協力していく展開も用意されており、ウォーカーのヒーローとしての側面も描かれていた。

ドラマの最後ではキャプテン・アメリカという名を返上したウォーカーは、新たにU.S.エージェントという名前で活動してくことが描かれていた。

そんなウォーカーを演じたワイアット・ラッセルは海外メディアのインタビューで、将来的に再演する可能性についてコメントをしていくれた。

私はキャラクターを演じることを本当に楽しんでいます。マーベルとの経験は信じられないほどのもので、アンソニー・マッキーとセバスチャン・スタンとカリ・スコグランド(監督)との共同作業は素晴らしいものでした。なのでもしキャラクターの再演を求められたり、マーベルでもう一度働く機会があるならば、また最高の人たちと働くことができるのでエキサイティングです。うまくいけばまたやります。』

ワイアット・ラッセル自身は再びジョン・ウォーカーを演じることに全く抵抗はないようだ。

いまのところ彼が再出演する作品については明らかにされておらず、U.S.エージェントとして生まれ変わったウォーカーがどこで活躍することになるのかは気になるところではだろう。

まだ公式には発表されていないのだが、サム・ウィルソンのキャプテン・アメリカが主人公となった『キャプテン・アメリカ4』の製作がされると言われており、そこでのU.S.エージェントのリターンが期待されている。

ドラマのラストでヴァルに勧誘もされており、おそらく『ブラック・ウィドウ』のエレーナのように隠密活動をする任務が課されていくのではないかとも予想される。このヴァルの動きについても気になるところではあるだろう。

現状はまだU.S.エージェントの活躍がすぐに見れることはなさそうだが、今後の展開にはぜひとも注目をしておこう。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。