『ファルコン&ウィンターソルジャー』がついに撮影再開! ー U.Sエージェントのアクションシーンが目撃される

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ついに動き出したぞ!

Disney+ (ディズニープラス)でマーベルのオリジナルスピンオフドラマとして配信を予定している『ファルコン&ウィンターソルジャー』の撮影がついに再開されたことが判明した。
海外のファンがその様子を投稿して注目を集めている。

U.Sエージェントは誰と戦闘を?

海外のファンはアメリカ・アトランタで行われている大規模撮影の様子の動画を投稿。そこにはキャプテンアメリカの丸い盾のようなものを持った人物が何者かと戦闘を繰り広げていることがわかる。

映像は撮影セットを高いビルの上から撮影したものと見られ、フォーカスされた部分で2人の人間がアクションをしている。

1人は明らかに盾を持ったいることがわかるため、U.Sエージェントで間違いないだろう。対戦相手についてはよくわからないが、髪色がブロンドヘアーの長髪であることがうかがえる。性別もわかっていない。

U.Sエージェントは今作に登場する新たなキャラクターで、スティーブ・ロジャース/キャプテンアメリカが引退した後に、アメリカ政府が擁立した新しいキャプテンアメリカとして登場してくるといわれている。

手にはキャプテンと同型の盾を所持しているが、スティーブが持っていたものなのか、それとも新たに作り直されたものなのかはわかっていない。
『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラストではスティーブの手から直接、サム・ウィルソン/ファルコンに受け継がれていたため、実態は不明だ。

『ファルコン&ウィンターソルジャー』は3月ごろまでチェコのプラハで撮影をしていたが、新型コロナウイルスの影響で数か月間中断状態が続いていた。
しかしここにきてようやく撮影再開となると、年末か2021年初頭の配信を目指して製作を開始したとみられる。

撮影場所がアトランタに映ったことで、中断する前とは異なるシーンの撮影が進められているとみられるが、今後再びプラハに戻るかは不明だ。

当初8月には配信が始まるといわれていた今作だが、果たして新たな配信日はいつ情報解禁されるのだろうか?今後の情報に注目しておこう。

関連記事を読む

コメントをする