『ファルコン&ウィンターソルジャー』のコンセプトアートが公開!新スーツのファルコンや、U.S.エージェントの姿も公開!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ディズニー+のMCUスピンオフドラマとして最初に配信が開始される予定の『ファルコン&ウィンターソルジャー』では、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラストでキャプテンアメリカの名前を継いだファルコンことサム・ウィルソンと、スティーブ・ロジャースの親友で相棒だったバッキーの2人を主人公に描かれていきます。

そして今回この注目ドラマのコンセプトアートが公開されました!

U.S.エージェントが新たなキャプテンアメリカに?

今回公開された『ファルコン&ウィンターソルジャー』のコンセプトアートには、新スーツとなったファルコンやバッキーのメタルアームのデザインなどを確認することができます。


ファルコンは原作のスーツに近づき、より赤が多めに使用されたデザインのスーツになっていますね。そしてゴーグルも形状が大きく変化し、大型化した赤いゴーグルとみにつけています。全体的によりヒロイックなスタイルとなっていますね。
ただスティーブから受け継いだシールドは手にしていませんね。


バッキーのコンセプトアートでは、今作から短髪となった姿が改めて公開されており、ワカンダにて作られた新しいメタルアームにはおなじみの星マークが戻っています!『アベンジャーズ/インフィニティウォー』や『アベンジャーズ/エンドゲーム』では特にデザインがされていない無骨なものだったので、星マークが戻ったことで、バッキーのアイデンティティーのようなものも復活したような気がしますね。

このメタルアームにはまだ明かされていない隠された機能もあることを演じるセバスチャン・スタンが明かしていましたので、ドラマの中でどのように活用されていくのかも注目です。

そして今回初めて公開されたキャラクターがこの人。


こちらはワイアット・ラッセルが演じるU.S.エージェントと呼ばれる新たなキャラクターです。
海外メディアでは、スティーブ・ロジャースがキャプテンアメリカを引退した後に、アメリカ政府が次のキャプテンアメリカとして採用された兵士だと推測されています。

ご覧の通りスーツは完全にキャプテンアメリカを思わせるデザインとなっており、アメリカ国旗のようなカラーリングや星も健在です。見切れていますがシールドのようなものも装備していますね。

コミックではジョン・ウォーカーという名前の人物で、プロレス団体にて人体強化を受け、その後はヒーローとして活動していたキャラクターでした。キャプテンアメリカがアメリカ政府と対立した際は、その装備を受け継ぎ2代目キャプテンアメリカを名乗っていました。
しかしのちにレッドスカルの陰謀によって対立させられていたスティーブ・ロジャースが、再びキャプテンアメリカを名乗ることになった際は和解をし、U.S.エージェントと名乗ってヒーロー活動をすることになっています。

ドラマのなかでこの設定が使用されるのかはわかりませんが、スティーブ・ロジャースがキャプテンアメリカに戻ることはないので、U.S.エージェントと名乗る理由になった背景は使用されないのではないかと考えられます。

コミックではヒーローである彼ですが、果たしてドラマの中でも同じように市民の味方として活躍してくれるのでしょうか?

新スーツのファルコンや新キャラのU.S.エージェントが登場する『ファルコン&ウィンターソルジャー』はディズニー+オリジナルドラマとして、2020年秋ごろにアメリカ配信開始予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です