『エターナルズ』、さらに公開延期の可能性 ー 『シャン・チー』の成績次第で

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2021年の3本目のMCU映画として公開を控えている『エターナルズ』
最終予告も解禁され、公開が徐々に近づいていることがうかがえる。

しかし少し気になる情報として、『エターナルズ』が再び延期される可能性が出てきたことが海外メディアから伝えられている。

Venom: Let There Be Carnage May Be Delayed Until 2022. Will More Fall Movies Follow?

記事では9月3日に劇場のみで公開を控えている同じくMCUシリーズの『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の興行収入が芳しくない場合、次に公開する『エターナルズ』を公開延期に踏み切ると伝えている。

理由としては新型コロナウイルスの感染拡大だ。ワクチンは広まりつつあっても、まだ確実に観客が劇場に戻ってきたと判断できなければ延期するといった姿勢だとしている。

Disney+ (ディズニープラス)との同時(1日ずれているが)公開となっていた『ブラックウィドウ』は2週目から急激に興行収入が落ち始めており、要因にはDisney+ (ディズニープラス)での配信のほかにも、劇場が営業していない、上映していない、足を運べないなどの様々な外的要因が挙げられている。

『シャン・チー』は海外の分析によれば初週の興行収入はMCUシリーズ史上最低(コロナ禍で公開された映画では3位に位置する好成績)になるとも推測されており、この通りになってしまえば『エターナルズ』をはじめとして、そのあとの『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』なども五月雨式に延期されてしまうだろう。

予告編などが公開され、以前のような映画を楽しむ生活が戻りつつあっただけに、今回のニュースはファンとして落胆してしまうものだっただろう。
いずれにしても『シャン・チー』が公開されてしばらくすれば動きがわかると思われるため、新たな情報が入り次第お知らせしていく。

『エターナルズ』は2021年11月5日に日本公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする