エリザベス・オルセン、『ドクターストレンジMoM』オファー時の印象は? ー あの俳優とも会っていないと明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズとしてついに劇場公開された映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』
今作には人気キャラクターのスカーレット・ウィッチ演じるエリザベス・オルセンもメインキャラクターとして登場しているが、彼女は海外メディアのバラエティのインタビューのなかで、今作への出演オファーの最初の印象を明かしてくれた。

※この記事には『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

『ドクターストレンジと一緒になることはわかっていましたが、ダブル主人公のようなものになると思っていました。オファーのときは「ワンダヴィジョン」の撮影も終わっていなかったので、緊張と葛藤があったことでした。それも終わって(映画に出演することは)「なんてこと、どうやってこの2つの作品を一緒にすることができるのか」と思いました。』

ある意味ではファンと同じ感覚でいたと答えたエリザベス・オルセン。

今作は当初スカーレット・ウィッチとして覚醒したワンダがドクター・ストレンジと協力していくストーリーと思われており、予告編でもそれを匂わすようなものとなっていた。

ただ実際のところは序盤からすでにダークホールドの影響などから闇堕ちしており、アメリカ・チャベスのマルチバースを移動できる能力を執拗に狙うヴィランとしてストレンジと対峙していた。

最後は自らの行いを悔いてダークホールドの原文が刻まれた巨大な石碑を破壊し、その瓦礫とともに埋もれていってしまった。
生死は不明だが、今後のスカーレット・ウィッチの活躍についてはしばらく悶々とした状況になることは確実だろう。

ちなみに映画のなかでついに登場を果たした豪華メンバーのイルミナティは、暴走したスカーレット・ウィッチによって殺害されてしまったが、驚くことにエリザベス・オルセン自身は彼ら彼女らを演じた俳優陣とは会っていないことをシネマブレンドのインタビューで明かしている。

私は彼らに会ったことはありません。(共演できたのは)映画の魔法です』

イルミナティのメンバーにはヘイリー・アトウェル演じるキャプテン・カーター、ラシャーナ・リンチ演じるキャプテン・マーベル、アンソン・マウント演じるブラックボルト、ジョン・クラシンスキー演じるミスター・ファンタスティック、そしてパトリック・スチュワート演じるプロフェッサーXが登場していた。

その彼ら全員がスカーレット・ウィッチによってほぼ瞬殺されてしまって多くのファンを驚愕させていた。

マスターモルドのみが生き残ることになったが、この豪華な俳優陣がまたマルチバースの姿として戻ってくることに期待をしておきたい。

多くの衝撃的なシーンが続く『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は2022年5月4日に日本で劇場公開中だ。

『ドクターストレンジ』配信中!

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。