新作マーベルドラマ『エコー』正式アナウンス ー 『ホークアイ』のスピンオフシリーズ

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

マーベル・スタジオが製作するドラマシリーズ『エコー』が公式にDisney+ (ディズニープラス)で配信されることがアナウンスされた。

『エコー』はタイトル通り、エコーと呼ばれるヒーローを主人公にしたドラマで、主演はアラクア・コックス
単独ドラマの前に『ホークアイ』に初登場すると言われており、今作はスピンオフシリーズとなっている。

コミックでのエコー、本名マヤ・ロペスはネイティブ・アメリカンで、聴覚障害を持つヒーローだ。『エターナルズ』のマッカリについで二人目の聴覚障害のヒーローにもなっている。

キングピンによって鍛え上げられ、デアデビルを仇として追っていたが、のちにデアデビルと共闘するようになる。

『ホークアイ』での活躍がまだわかっていないが、『エコー』に関する噂ではNetflixのドラマ『デアデビル』からチャーリー・コックスやヴィンセント・ドノフリオなどが同役を再演すると言われており、実質的には『デアデビル』シーズン4の役割も担っていると言われている。

脚本には『メン・イン・ブラック3』や『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』のミリーとイータン・コーエン氏が執筆する。

今後『エコー』に関する新たな情報が入り次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする