『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソンがDCのボスに? ー 「アドバイザーが最適」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCEUシリーズの待望の新作として公開した『ブラックアダム』。今作には人気俳優であり、今回の映画の制作にも参加しているドウェイン・ジョンソンが主演を務めているが、彼は今後のDCEUの方針にも大きく関わっていくとされている。

一部ではドウェイン・ジョンソンが次のDCのボスにになるのではないかとも言われているが、このことについて海外メディアのインタビューで自身は「アドバイザー」が最適だとコメントをした。

『DCにとって私ができることの最高のポジションはアドバイザーだと思います。私は流れる血のレベルでDCを愛しています

ドウェイン・ジョンソンはスーパーマンを演じるヘンリー・カヴィルの復帰にも大きく貢献しており、将来的には二人の本格的な共演も期待されている。

またドウェイン・ジョンソンの関与が大きくなっていけば、ブラックアダム自身のシリーズでの重要性も増してくるはずだ。早くも『ブラックアダム2』についても制作サイドが匂わせていることから、すでにある程度の展開の計画はあるものと見られる。

ファンとしてはシャザムやスーパーマンとの対決、さらには『ブラックアダム』で初登場したジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカとジャスティス・リーグとの共演にも期待をしたいところだ。

果たしてドウェイン・ジョンソンは大きく変化をしているDCEUシリーズにおいてどのように存在感を増していくのだろうか?
『ブラックアダム』は2022年12月2日に日本公開予定だ。

関連記事を読む

「ブラックアダム」のレビューをみる

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。