ドラマ『シルク』、2021年8月に撮影開始の報道 ー アマプラ作品として配信予定

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

数か月前に製作が報じられた新たなマーベルドラマの『シルク』。今作はAmazonプライムの独占配信作品として製作されるといわれているが、これといって最新情報は伝えられていなかった。

しかし海外メディからの情報によると、どうやら今作は8月にも撮影が始まることが分かった。

‘Silk’ Series Eyeing To Begin Filming in Late-August (EXCLUSIVE)

『シルク』は8月より撮影を始めて、2022年初頭には撮影を完了させる予定とのことだ。
撮影場所や出演キャストについては伝えられていない。

今作は主人公のシンディ・ムーンがシルクとして犯罪者たちと戦っていくストーリーで、ドラマの設定としては19歳~29歳までの韓国系アメリカ人で、クイーンズ出身のであるとのこと。彼女の自身の欲求不満を解消するためにもヒーロー活動をしているというのだ。
自身のアイデンティティや家族、友人に関する悩みも抱えている。

脚本家と製作総指揮として名前が挙がっているのが、『ウォーキング・デッド』などのSang Kyu Kim氏だ。キャストは発表されていないが、以前伝えられた情報によっれば、主演には『サブリナ:ダーク・アドベンチャー』『リバーデイル』に出演したアデライン・ルドルフが候補に挙がっているという。

まだまだ詳細は分かっていないドラマ『シルク』だが、MCUシリーズやソニー・ピクチャーズのマーベル映画シリーズと関係があるのかも気になるところだろう。今後新たな情報が伝えられ次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする