ドナルド・クローヴァー、スパイダーマン・スピンオフ映画に主演 ー 音楽系ヴィラン役で

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

ソニー・ピクチャーズが進めているソニーズ・スパイダーマン・ユニバースシリーズの新作として、アーティストで俳優でもあるドナルド・クローヴァー主演映画の製作海外メディアの情報により分かった。

ドナルド・クローヴァーが演じるのはヴィランのヒプノ・ハスラー。脚本にはエディ・マーフィの息子であるマイルズ・マーフィ氏が就任する予定。

ヒプノ・ハスラーは1970年代に登場したキャラクターではあるが、あまり知名度の高いキャラとはいえない。

能力としてはギターを使っての催眠術。このほかにもブーツに仕込んだガスやナイフなどを使用するロックスターのようなビジュアルをしているヴィランだ。アーティストであるドナルド・クローヴァーにとっては適役とも言えるだろう。

ドナルドはすでにMCUシリーズの『スパイダーマン:ホームカミング』にも出演をしており、その際はアーロン・デイヴィスというキャラクターを演じていた。このアーロンはアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』などの主人公であるマイルス・モラレスの叔父でもあり、劇中ではマイルスの存在を示唆するようなセリフもあった。

それ以降の登場はしていないが、同じ役者による別キャラクターということもあり、アーロンの再演が難しくなるのではないかとも予想されている。

しかしソニーのSSUシリーズとMCUシリーズは別のユニバースであることがわかっているため、今回の映画もMCUとは別であるならばドナルド・クローヴァーがー二役を演じ続けることは問題はない。

もちろんビジュアル面は同じ顔になってしまうので観客を混乱させかねないことにもなるが、いずれにしても今後の展開には注目をしておいたほうが良さそうだ。

ソニーズ・スパイダーマン・ユニバースシリーズは『クレイヴン・ザ・ハンター』や『マダムウェブ』『ヴェノム3』『エル・ムエルト』の製作も進められている。今後『ヒプノ・ハスラー』の新たな情報が入り次第お知らせをしていく。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。