『ドクターストレンジMoM』と『ワンダヴィジョン』のメインヴィランは共通している? - ナイトメア登場の可能性

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

アメリカでサービスが開始しているストリーミングサービスの『ディズニー+』では、MCUシリーズと直結するスピンオフドラマの配信が決まっています。なかでもスカーレット・ウィッチとヴィジョンを主人公にしたドラマ『ワンダヴィジョン』は、映画『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』と強い繋がりあり、映画にもスカーレット・ウィッチがメインキャラクターとして登場することが明かされています。

そんな繋がりのある2作品に登場するヴィランがもしかしたら共通の敵である可能性がでてきました。

『ストレンジ』監督は以前から登場を示唆

マーベル作品に関するスクープを扱うチャールズ・マーフィー氏は、ドラマ『ワンダヴィジョン』と映画『ドクターストレンジ MoM』に登場するメインのヴィランが、ナイトメアであることを内部の情報源から得たものとして伝えています。

What I Heard This Week: ‘WANDAVISION’ and ‘DOCTOR STRANGE: IN THE MULTIVERSE OF MADNESS’

2つの作品が強い繋がりのあるものであるため、この情報はある程度価値があるものだと思われます。

ちなみに振り返ってみると、1作目『ドクターストレンジ』でメガホンをとったスコット・デリクソン監督は、続編でナイトメアの登場を示唆していました。

また破壊されたはずのヴィジョンがドラマに登場していることから、これはナイトメアによる悪夢をワンダが見させられているという推測も成り立ちます。
そこからワンダの現実改変能力が覚醒し、存在するはずのない双子の子供が生まれてくるようなストーリーの流れも十分に考えられますね。
現実改変能力の制御が効かなくなったワンダを止めるためにドクターストレンジが介入してくるようなこともあり得そうです。

ドクターストレンジにとってもナイトメアは宿敵のようなヴィランであるため、2つのドラマを繋ぐ要素としても最適ではないかと思います。

今のところこれ以上の詳しい情報は入っていませんが、以前にはトム・ヒドルストン主演の『ロキ』も『ドクターストレンジ MoM』に繋がりがあることも判明していましたので、ロキとナイトメアにも何かしらの関係があるのかもしれません。

ドラマ『ワンダヴィジョン』は2021年春頃にディズニー+独占配信予定で、『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』は2021年5月7日に全米公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です