『ドクターストレンジ』脚本家、2作目でも続投か? ー ヴィランは「ナイトメア」との情報も

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

マーベル・スタジオのヒット作品の1つである、コアなファンを多く持つ『ドクターストレンジ』
『アベンジャーズ/インフィニティウォー』ではサノスにタイムストーンを明け渡し、スナップの影響で消滅しています。

現在ドクターストレンジの続編に関してはいまだに公式から何も発表がありません。興行的には申す分ないほどの成功を収めているため、製作の可能性は高いともいわれています。

そんな中、噂される続編の脚本家に関する情報が海外より伝えられています。

脚本家は続投!スコット・デリクソン監督と再タッグ!

海外メディアのComicbook.comは、『ドクターストレンジ』の続編の脚本家に関する情報を伝えています。

'Doctor Strange' Writer Returning to Pen Sequel

1作目で脚本を共同執筆したC・ロバート・カージル氏が、続編でも再びペンをとることを報じています。
情報自体はそれだけで、非常に少ないものになっています。

監督に関しても同じくスコット・デリクソン氏がメガホンをとることが書かれています。

C・ロバート・カージル氏は以前にほかのインタビューで、続編のヴィランとしてナイトメアの登場を示唆していました。

ナイトメアは人の夢に入り込み、悪夢を見させるキャラクター。デリクソン監督自身もナイトメアを気に入っており、2作目への登場への意欲を示していました。

ただ気になるのは1作目のポストクレジットシーンにて、魔法使い狩りを始めたモルドのこと。ストレンジの兄弟子として登場していましたが、エンシェント・ワンが暗黒の力を使って長寿となっていたことを知って絶望、ヴィランへの道をたどることになっていました。 

モルドに関してはC・ロバート・カージル氏も特に触れておらず、どのようにナイトメアとの2人ヴィランを描くのかが注目されています。

『ドクターストレンジ2』はマーベルやディズニーから正式な製作発表は行われていませんが、噂では2021年5月7日に全米公開予定だと推測されています。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!