『ドクターストレンジMoM』、あのキャラの最後はどうなった? ー 脚本家「解釈の余地がある」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズの新作として公開された『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』はタイトルにもあった通り全体的に”マッドネス”な内容となっていたが、そのラストにモヤモヤしているファンも一定数は存在するだろう。

この点について脚本家のマイケル・ウォルドロン氏は海外メディアのバラエティとのインタビューにて、あのキャラのその後がどうなったかについて自身の考えを明らかにした。

※この記事には『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

解釈の余地があると思いますスカーレット・ウィッチはすべてのユニバースのダークホールドを破壊して、ある種の自己犠牲的な行為をした。すべてのユニバースのワンダがダークホールドの誘惑から守ることができた。彼女が死んでしまったかどうかについてはわかりません。今回のことはキャラクターがヴィランになった時に嫌いにならないようにするためのものです』

今作はメインヴィランとしてワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチが登場しており、序盤からドクターストレンジたちと対峙するストーリーになっていた。

『ワンダヴィジョン』で手に入れたダークホールドに魅せられたワンダはマルチバースへの侵攻を企て、自身の世界には存在しない子供のビリーとトミーの二人をマルチバースから手に入れようとしていた。

ダークホールドもキーアイテムとして映画に登場しており、その原文が刻まれた石碑の存在も祭明らかにされている。
その石碑は最後に自分の行いを悔いたワンダによってすべてのユニバースのダークホールドとともに破壊され、同時にワンダ自身もその瓦礫に埋もれてしまし、その後の生死については描かれていない。

ウォルドロン氏自身も彼女が生きているかどうかはわからないとコメントしているため、やはり今後の作品の展開次第といったところだろう。

現状では次にスカーレット・ウィッチが登場する作品は明らかにされていないが、『ワンダヴィジョン』のスピンオフである『アガサ:ハウス・オブ・ハークネス』の製作や、行方不明になっているザ・ヴィジョンの件など、彼女に関連した展開はまだ残されている。
これらの作品にて映画のその後の姿が描かれることに期待をしておこう。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は2022年5月4日より日本でも劇場公開中だ。

『ドクターストレンジ』配信中!

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

  1. 匿名 より:

    あの黒人魔術師もてっきりワンダに雑に処理されるのかと思ったら特にその描写無かったしそっちも気になる、というかストレンジ1の方の黒人魔術師はどうなってるんだ…

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。