『ドクターストレンジMoM』脚本家、”あのキャラ”が登場しないことにコメント ー 「情報量が多い」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズの新作として公開されている映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』
今作では様々な作品との関連性を持ちながら、多くのキャラクターの登場が予想されていた。

そのなかで一部で予想されていたあのキャラクターが登場していないことについて、今作の脚本家であるマイケル・ウォルドロン氏海外メディアのインタビューでコメントしている。

※この記事には『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

ウォルドロン氏は同じく自身が脚本を務めたDisney+ (ディズニープラス)のマーベルドラマ『ロキ』に登場したジョナサン・メジャース演じる在り続ける者や、征服者カーンが登場していないことについて言及した。

『私には、ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチですでに最大で最高のヴィランになっているように感じました。(中略)そして、ジョナサン・メジャーズと同じくらいに素晴らしい征服者カーンというキャラクターを紹介して、彼の演技と同じくらいにそのキャラクターが素晴らしいとしたら、映画が情報過多になるリスクを冒してみたいと思います』

今作は当初の予想通りエリザベス・オルセン演じるスカーレット・ウィッチがヒーローからヴィランへと闇堕ちし、アメリカ・チャベスや彼女を守るストレンジたちと対峙する物語として一貫していた。

そのために征服者カーンを登場させることは文字通り情報過多になってしまい、どっちがメインヴィランなのかと観客を混乱させることにもつながっていただろう。

同じマルチバースを扱う作品の『ロキ』との関連にも期待はしていたが、結果的に繋げなかったことが最善策だったとも言えるだろう。

ちなみに征服者カーンは『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』に登場することがわかっており、そちらの映画でメインヴィランになると予想されている。おそらくその際は『ロキ』での出来事や、はたまた『ロキ』シーズン2の配信もされている可能性は高いため、しばらくカーンの登場についてはお預けといったところだろう。

MCUのおいてサノスの次の大ボスになるとされている征服者カーンは一体どのような形でヒーローたちの前に立ちはだかるのだろうか?
『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は2022年5月4日より劇場公開中、『ロキ』はDisney+ (ディズニープラス)で独占配信中だ。

『ドクターストレンジ』配信中!

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

  1. 匿名 より:

    ネタバレ注意喚起で「苦手な方」って言葉のセレクトおかしくないか?
    「未視聴の方」なら全然わかるが

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。