『ドクターストレンジMoM』にインフィニティストーンが復活か - 短いあらすじが示唆

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズのフェイズ4で続編作品として製作されるベネティクト・カンバーバッチ主演の『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』。先日にはメガホンをとる予定だったスコット・デリクソン監督が「クリエイティブ上の相違」から降板し、今後はエグゼクティブプロデューサーとして製作総指揮に回ると伝えられています。

現在はマーベル・スタジオが急ピッチで次期監督の採用に動いているとされていますが、海外メディアからは今作の短いあらすじとみられる情報が伝えられています。

タイムストーンが戻ってくるのか?

海外メディアのBackstageが、『ドクターストレンジMoM』についての記事を公開し、そこには今作のあらすじとみられる短い文章が確認されています。

These 3 Marvel, Amazon + BBC Productions are Casting Soon in the UK

『「アベンジャーズ/エンドゲーム」の後、スティーブン・ストレンジはタイムストーンに関する研究を続けていた。しかし、敵になった古き友人は彼の計画に終止符を打ち、ストレンジに言いようのない悪を解き放つ。』

非常に短い文章ですが、ここでは2つのことが示唆されています。

まず1つ目にはタイムストーン。『アベンジャーズ/インフィニティウォー』や『アベンジャーズ/エンドゲーム』でのサノスとの対決を経て、タイムストーンを含めたインフィニティストーンは、サノスによって原子に戻されて消滅しています。
『エンドゲーム』終盤では過去の時間軸から各ストーンを集めることによって消滅した人々を取り戻していますが、終盤ではスティーブ・ロジャース/キャプテンアメリカによって元の場所に返却されています。よって現代の時間軸にはインフィニティストーンは1つも存在していないはずです。

それなのにドクターストレンジはタイムストーンの研究をしているというのは非常に謎めいていますね。ストーンが原子に戻ったとしてもその力はどこかに残っているのでしょうか?または原子から再びタイムストーンを再生させたのか?謎は深まるばかりです。

そしてもう1つは敵になった古き友人の部分。これは前作でストレンジたちと仲違いをした兄弟子のモルドのことを指していると考えられます。ポストクレジットシーンでは魔法によって歩けるようになったパンクボーンの魔力を奪い、「魔術師が多すぎる」という言葉を残して闇落ちしていました。
おそらく続編にもヴィランとなったモルドが登場してくるのは確実だと考えられます。

ちなみにそのほかのヴィラン候補には、ナイトメア男女の2人のヴィランが登場するともいわれています。

ナイトメアはドラマ『ワンダヴィジョン』にも関わってくるともいわれています。

果たしてタイムストーンを失ったドクターストレンジは続編でどのような活躍をするのか?
今作ではエリザベス・オルセン演じるワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチもメインキャラクターで登場予定。『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』は2021年5月7日に全米公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です