ドック・オク役俳優、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』お気に入りのシーンは? ー 「とても涙が出ました」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの大ヒット作として今なお話題が尽きない映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
今作ではご存知の通り2004年の『スパイダーマン2』以来にドクター・オクトパスを演じたアルフレッド・モリーナが同役で再出演を果たしている。

そんなアルフレッド・モリーナが映画のなかでお気に入りのシーンについて海外メディアのHousehold Facesポッドキャストのインタビューで明らかにしてくれた。

『少しエモーショナルになりました。それはトビー・マグワイアと再会シーンで、彼は「お元気ですか?ドクター」と言いました。そして私は「なんてことだ、会えて嬉しい」と言った。そこのシーンでとても涙が出ました。』

このシーンは長年のスパイダーマン映画ファンにとっても、最もお気に入りのシーンとして挙げられることが多く、実に18年ぶりに二人の俳優が同じスパイダーマンの映画のなかで再会を果たしたシーンだった。

アームの制御チップが修復されたことで正気を取り戻したオットー・オクタビアスは、自身の記憶のなかではまだ大学生だったピーターの顔を見るなり嬉しそうな表情を浮かべ、「元気にしていたか?」と声をかける。それに対してピーターは「努力しています」と返答をした。

これは『スパイダーマン2』劇中で、オットーが学生だったピーターに対して「努力をしなさい」とアドバイスしたものをオマージュしたシーンともなっているのだ。

このシーンはアルフレッド・モリーナとしても感慨深いものだったようで、そのあとはセットでトビーと仲睦まじく会話をしていたことも明かしている。

サム・ライミ監督の『スパイダーマン』シリーズから追いかけてきたファンにとっても非常に満足度の高い『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。今作は現在デジタル配信が先行で開始されている。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

  1. ラリー より:

    ゆとぴさん、いつも楽しく記事を拝見させて頂いております!
    お言葉ですが、「2004年の『スパイダーマン4』」になっちゃってます…w

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。