ディズニープラス、2020年6月に日本上陸! - オリジナルコンテンツも視聴可能に

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ウォルト・ディズニー社が独自展開をする動画ストリーミングサービスの「Disney+ (ディズニープラス)」
すでに米国やヨーロッパではサービスの展開が始まっており、早くも5450万人の会員数に達している。

そんなDisney+ (ディズニープラス)がついに日本でも楽しめる!

マーベルやスターウォーズのオリジナル作品も

日経新聞は米ウォルト・ディズニー社の新型コロナウイルスの影響を報じると同時に、Disney+ (ディズニープラス)が2020年6月にも日本でサービスを開始することを報じた。

ディズニー社のCEOボブ・チャペック氏が日本展開の時期を明かし、引き続き同事業への投資を継続していくことをコメントしている。

以前の情報では2020年下半期に開始といわれていたため、予想よりも早い展開となった。理由は定かではないが、Disney+ (ディズニープラス)事業はまだ初期段階であり、黒字化しているサービスではないため、昨今の状況を踏まえての早急な世界展開に舵を切ったのかもしれない。

Disney+ (ディズニープラス)では過去のディズニー作品はもちろん、傘下にあるルーカス・フィルムのスターウォーズシリーズや、マーベル作品など数多くの人気コンテンツを取り揃えている注目のストリーミングサービス。
また過去の作品だけではなく、Disney+ (ディズニープラス)オリジナル作品の配信も行われており、すでにスターウォーズスピンオフドラマの『マンダロリアン』は世界中で人気を博している。

マーベルからは年内に『ファルコン&ウィンターソルジャー』『ワンダヴィジョン』が配信予定、2021年には『ロキ』『ホークアイ』などが配信される予定だ。
また『Ms.マーベル』『シー・ハルク』『ムーンナイト』などの初登場となるヒーローたちのドラマも製作が予定されている。

日本ではすでにディズニー社とNTTドコモが提携したディズニー・デラックスが始まっているが、こちらとのサービスとは別軸として展開されることが以前の情報から明らかになっていた。デラックスでは『マンダロリアン』の配信も行っているため、どのように差別化をしていくのか注目だ。

今後新たにDisney+ (ディズニープラス)にかんする情報が公開され次第お知らせしていきます。

関連記事を読む

コメントをする