ディズニープラスにあの男の人生がドラマ化!『マイク・タイソン』が8/25より配信!予告&ティザービジュアル解禁

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」のコンテンツブランド「スター」にて、アメリカのボクシング界のレジェンド、マイク・タイソンの人生を追った最新オリジナルドラマシリーズ『マイク・タイソン』を8月25日(木)より独占配信
配信開始に先駆け、日本語版予告編とキービジュアルが解禁となった!

出典:©2022 Disney and related entities

最強&栄光からの陥落、暴行事件、ドラッグ -波乱万丈の伝説的プロボクサーの生涯に迫る本作は、アメリカの伝説のプロボクサーで、元世界3団体ヘビー級統一王者のマイク・タイソンの、ダイナミックかつ物議を醸した事件など、激動の人生を描いた全8話の伝記的ダーク・コメディシリーズ

スポーツ文化において最も異彩を放つプロボクサーとして世界的スターになった栄光と王座陥落、そして、そこから這い上がってきた浮き沈みの激しいキャリアやプライベートの事件や出来事に迫っていく。

タイソンの視点から物語を伝えることで、彼が生きてきた当時のアメリカの階級社会やマスコミの影響力、女性差別、そしてアメリカン・ドリームとは一体何かについて考えさせられる内容となっている。

主役のマイク・タイソン役には、アカデミー賞®作品賞を含む3部門を受賞した名作『ムーンライト』で主演を務めたトレヴァンテ・ローズが抜擢。
本人と見間違えるほどそっくりのビジュアルで熱演している。

また、タイソンをスーパースターにした敏腕プロモーター、ドン・キング役に『GRIM/グリム』のラッセル・ホーンズビー、ベテラン演技派ハーヴェイ・カイテル(『レザボア・ドッグス』)や、ローラ・ハリアー(『スパイダーマン:ホームカミング』)など多彩な俳優陣が脇を固めている。

監督は、『ミリオンダラー・アーム』、『ザ・ブリザード』、そして『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』と実話の映画化では特に定評のあるクレイグ・ギレスピーが務め、脚本・製作総指揮を同じく『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』の脚本家スティーブン・ロジャースが担当している。

そして、製作総指揮にはロングラン人気医療ドラマでディズニープラスでも配信中の『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』や『リベンジ』のプロデューサーでも知られているカリン・ギストや、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』や『ハンガー・ゲーム』シリーズも製作したブライアン・ウンケレス、そして同じく『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で主演女優兼プロデューサーだったマーゴット・ロビーが名を連ねている。

かつて<史上最強の男>と呼ばれた伝説のチャンプの波乱に満ちた人生を、この夏、ディズニープラスの「スター」で体験しよう!

『マイク・タイソン』は8月25日(木)よりディズニープラスのスターで独占配信開始!

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。