ディズニープラス『スパイ in デンジャー』最新予告解!主人吹替え声優の鶴岡聡より熱いメッセージも!

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」にて独占公開となる、2大スター、ウィル・スミスとトム・ホランドがタッグを組んだデンジャラス・スパイ・アクション映画『スパイ in デンジャー』の最新予告編が公開!

更に、『スパイ in デンジャー』日本語吹き替え版でウィル・スミスが演じたランス・スターリング役を務めた鶴岡聡さんのインタビューも解禁されました!

スパイアクション映画『スパイ in デンジャー』は7/10(金)からDisney+ (ディズニープラス)独占配信

『スパイ in デンジャー』は、『アイス・エイジ』で有名なブルー・スカイ・スタジオ製作、世界を舞台に駆け巡る凄腕スパイの活躍を描いた、スマートでエネルギッシュなアクション・コメディ・アニメーション作品。

配信開始が待たれる本作の最新予告編も公開された!

物語の主人公は、世界最強のスパイ“ランス”と、変わり者の発明家“ウォルター ”。

どんな危険なミッションもクールにこなすランスは、ある任務で押収した最新鋭の武器を横流ししたという汚名を着せられ、情報局から追われることに。追ってから逃れる為に、平和を愛する少しドジな天才発明家ウォルターが開発した薬を誤って飲んでしまい ハトの姿に変身!

果たして世界最強のスパイは、ハトの姿でこの危機を乗り切ることができるのだろうか!?

本作は、数々の危機に立ち向かい、超難関ミッションに挑む世界トップクラスのスパイ、ランス・スターリング役を、「メン・イン・ブラック」シリーズや、実写版『アラジン』のジーニー役のウィル・スミスが、そしてそんなランスとタッグを組むこととなる若き発明家、ウォルター役を、『アベンジャーズ/エンドゲーム』などで、人気のヒーロー スパイダーマンを演じた若手人気俳優トム・ホランドが演じます!

さらに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのネビュラ役で人気のカレン・ギラン。『キャプテン・マーベル』などでタロス役を務めたベン・メンデルソーン、そして海外ドラマ「HEROES」シリーズなどのマシ・オカら、豪華キャストで贈る1本。冒頭から日本で始まる物語にご期待ください!

主人公ランス・スターリング役を務めた鶴岡聡さんにインタビューも公開

『スパイ in デンジャー』
© 2020 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
7月10日(金)よりディズニープラスで独占公開

鶴岡聡:今回は主人公のランスの日本語吹き替えを務めた鶴岡聡さんのインタビューも公開。作品配信を控えてさらに盛り上がるインタビューとなっている!

― ランス役を演じることになった時の気持ちや、実際に演じた際の感想等を教えてください。

鶴岡聡:大変光栄でした。役の決定のご連絡を頂いた時は暫く力が抜け、やがて嬉しさとやる気がこみ上げて来たのを覚えています。普段はわりとパワフルな役で起用して頂く事が多いので、アクションシーンでも冷静で余裕のあるランス・スターリングに翻弄されました。しかしながら演出家さんに導いて頂きながら、僕の新しい部分を引き出して頂けたと思うので、完成された吹替え版が楽しみです。

― ランスは世界最強のスパイですが、性格か何か、鶴岡さんとの共通点はありますか?

鶴岡聡:長身である以外の共通点は全くありません(笑)。僕はまだまだひよっこですので、危機的状況でも常に口元に笑み浮かべ、クールにスタイリッシュに抜けていくランスにとても憧れます。これまで引き受けた膨大な数の困難なミッションが彼を強くしたのだと思います。精進致します。

― 作品の中で、お気に入りのシーンを教えて下さい。

鶴岡聡:徐々にハトになっていくシーンは、ちゃんと鳥肌まで描かれていて鳥肌が立ちました。ハトになってから車を必死に駆け上がっていくシーンは、その懸命さにグッときました。実は演じるにあたって一番楽しみにしていたシーンです。

― 本作には、相棒となるちょっと変わった発明家のウォルターやヤクザのキムラなど個性豊かなキャラクターがたくさん登場しますが、演じられたランス以外で好きなキャラクターはありますか?

鶴岡聡:やはりウォルターです。彼の純粋で一生懸命な姿に惹かれました。打ち込み始めると、とことん熱中する所は少し僕自身に似ているという事もあります。
最初はとても厄介者でしたが、徐々に信頼関係が築かれていく心模様が素敵でした。

― 今作でランスはハトに変身してしまいますが、もしご自身が動物に変身するとしたらどんな動物が良いですか?

鶴岡聡:クジラになって、あの大きな身体で優雅に大海を泳いでみたいです。たまには横っ飛びしますので、最高の1枚を撮って頂けませんでしょうか?宜しくお願い致します。

― 本作には「ネコのキラキララメ」や「膨らむハグ」など、面白いガジェットが色々と出てきますが、鶴岡さんのお気に入りの小道具はどれですか?

鶴岡聡:ランスが乗る特殊装備満載のスーパー・カー、アウディ RSD e-tronがお気に入りです。
アウディ最新のヴァーチャルコンセプトカーが劇中に登場するのは凄い事だと思います。

ドライバーの目の前に全てを集約した見やすそうなディスプレイ、セミバケットシートの背もたれやフロントリップスポ゗ラーの「e-tron」の意匠や、青白く発光するフォーシルバーリングスがとても格好いいですね。決して小道具ではありませんが、ランスを象徴しAudiが未来を見据えた、重要でエコな1台だと思います。

― 最後に、この作品を楽しみにしているみなさんにメッセージをお願いします。

鶴岡聡:7月10日(金)からディズニープラスにて、いよいよ配信開始となります。ウィル・スミスさんの吹き替えを担当させて頂き、大変光栄でした。

劇場公開とはいきませんでしたが、作品の素晴らしさや面白さは不変です。むしろご自宅で心ゆくまで笑って、存分にスカッとして頂けると幸いです。「スパイ in デンジャー」どうぞ、ごゆっくりとお楽しみ下さい。宜しくお願い致します。

遊び心あふれるガジェット、迫力のアクションシーン満載のデンジャラス・スパイ ・アクション 映画『スパイ in デンジャー』は2020年7月10日(金)より「Disney+ (ディズニープラス)」にて公開決定!

豪華キャストでお贈りするスリル満点の本作を是非ディズニープラスでお楽しみください!

関連記事を読む

コメントをする