ディズニープラスマーベルドラマ3作&『スパイダーマン3』、アトランタで間もなく撮影開始との報道

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUの最新作は現在新型コロナウイルスの影響によって撮影中断を余儀なくされており、Disney+ (ディズニープラス)で配信を予定している『ファルコン&ウィンターソルジャー』『ロキ』は中断中、『ホークアイ』とMCU版映画『スパイダーマン3』は撮影開始の後ろ倒しが決定している。

そんな中でようやく再開に関する兆しが見えてきたようだ。

『ワンダヴィジョン』の再開は?

海外メディアのマーフィーズ・マルチバースによると、Disney+ (ディズニープラス)の『ファルコン&ウィンターソルジャー』『ロキ』『ホークアイ』、そして映画『スパイダーマン3』が今後数週間のうちにアメリカのアトランタで撮影を始めると伝えている。

WHAT I HEARD THIS WEEK: MARVEL STUDIOS HAS COME BACK TO ATLANTA!

『ファルコン&ウィンターソルジャー』と『ロキ』はアトランタにあるパインウッド・スタジオで9月上旬から撮影を再開。『ホークアイ』のスタッフは10月頃に撮影を開始するといわれている。

MCU版『スパイダーマン3』は9月頃に撮影を始めるという。同じくトム・ホランドが主演の映画『アンチャー・デッド』とのスケジュールの兼ね合いもあるとみられる。

ハリウッドでの撮影については引き続きロックダウン状態が続いているため難しいと予測されている。

ファンとしてはとても嬉しい情報となった今回の撮影再開&開始の情報。十分に感染対策を行った上で進めてもらいたいと考えている。

ちなみにロックダウン前に撮影が終了していたといわれている『ワンダヴィジョン』に関しては今回の報道では触れられていない。

ディズニー社CEOのボブ・チャペック氏によるとこれらのドラマはまだ撮影が残っていると以前にコメントをしており、おそらくは『ワンダヴィジョン』も完全に撮影が完了したとは言えない状況とみられる。そのため今後の情報には注目していった方がよさそうだ。

徐々に再開の動きを見せているマーベル・スタジオが次に公開を予定しているのは11月6日の『ブラックウィドウ』だ。

関連記事を読む

コメントをする